Nukkato (ぬっかと) FPSおすすめブログ

今ホットな情報をお届けします。

グラフィックボードメーカーの選び方・おすすめ

      2014/09/24

gtx680_wall_540
グラフィックボード(ビデオカード/GPU)の選び方を自分なりにまとめました。どこのメーカーを選べばいいのか分からない人は参考にして下さい。画像はNVIDIAより。

中身と外側を作るメーカーで分かれる

グラボのメーカーにはGPUコア(中身)を作るメーカー①と、クーラーや電源など(外側)を作るメーカー②があります。

結論からいうと、メーカー②はどこを選んでも性能は1割ほどしか変わりません。

GPUコアを作っているメーカー①は二つだけです。
NVIDIA・・・Geforce GTXシリーズなど
AMD・・・RADEON HDシリーズやRシリーズなど

まずはGeforceブランドにするのか、RADEONブランドにするのか決めましょう。
NVIDIA・・・高品質・高性能なものが多いが、その分値段が高い。
AMD / ATI・・・値段の割りに性能がよく、コストパフォーマンスに優れる。

おすすめはNVIDIA。ゲームをほとんど負荷なし(重くならない)で録画や配信できるShadowPlayやG-SYNCなどの便利な機能があるからです。

外側を作るメーカーのおすすめ

メーカー②はたくさんありますが代表的なものを挙げると

MSI・・・Twin Frozrという優秀な冷却性と静音性を持つクーラーが代表的。LightningというOC特化モデルもある。
msi.jpg
ASUS・・・DirectCU IIという優秀な冷却性と静音性を持つクーラーが代表的。値段は割りと高い。
asus_20130711082439.jpg
GIGABYTE・・・WindForce 3Xという3連ファンの優秀なクーラーがウリ。性能の割に安い。
gigabite.jpg
SAPPHIRE・・・AMD製しかないものの、安くて信頼できる作りでRadeonシリーズで人気No.1。
sapphire.jpg

以上のMSI、ASUS、GIGABYTE、SAPPHIREの4メーカーがおすすめです。ASUSはエイスース、SAPPHIREはサファイアと読みます。

その他の色んなメーカー

EVGA・・・高品質だが、値段が高い。

ZOTAC・・・小型化が得意なメーカー。小さいPCケースならこれ。安い。

GALAXY・・・ゴツゴツした派手なクーラーが印象的。安い。

Leadtek・・・昔からあって安定感があるが、最近はあまり人気がない。

玄人志向・・・その名の通り、自作PC初心者にはおすすめできない。ただその分、安いものが多い。

Palit・・・安いが通常2スロットのビデオカードが3スロット必要だったりしてちょっと癖がある。日本ではドスパラだけで売っている。

※これらはあくまで僕のイメージです。

グラフィックカード選びで一番重要なこと

ビデオカード選びで一番重要なのはメーカー①で、どのランクの型番を選ぶかということです。

自分の目的と予算に合わせた選択が重要です。

高いものを買っても、使わなければ無意味です。また、3年もすればローエンド製品になって買い替えたくなってきます。

かといって、安い製品を買ってもゲームが満足にできなくて、いいものを買えばよかったと後悔することになります。

メーカー②のほうは、どこを選んでも性能差は1割くらいなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

クーラーの出来が悪いと思ったら最悪、GPUクーラーが別に売ってあるので交換すればいいです。

GPUの性能差は個体によってもかわってくるので、運の要素もあります。どれだけ冷却性能が良いクーラーを使っても、運が悪いとそこまで性能は伸びません。

ただメーカー②のサポートや電源・メモリあたりはチェックしておいたほうがいいでしょう。ビデオメモリを4GB搭載したモデルもあります。

グラフィックボード/ビデオカード/GPU性能比較

ビデオカード(GPU)の簡単な性能比較表。同じ行にあるものが大体同じくらいの性能です。

ゲームや環境によって変わるので、あくまで目安として見て下さい。

NVIDIA Geforce GTX

コア 2013/2014年 2012年 2011年 ランク (目安)
GK110 780ti ウルトラハイエンド
780 ハイエンド
GK104 770 680
670 ミドルレンジ
760 660ti
GK106 660 580 (GF110)
GF110 750ti(GM104) 650ti 570
GF114 750(GM104) 560ti

オーバークロック(OC)すれば一つ上のクラスと同じくらいになったり、GPUコアが同じだと超えることもあります。

3桁の数字のうち、一番左の数値で年代が分かり、真ん中の数値で大体の性能が分かります。

GTX770とGTX680が同じくらいの性能のように、新しい世代の真ん中の数字に+1すると古い世代と同じくらいの性能になります。

GTX690のようなデュアルコアを搭載したグラフィックボードもありますが、ゲーム側が対応していないと満足に性能が出せない場合があるので、あまりおすすめはしません。

SLIやCrossFireといった二つ以上の同じGPUを使って性能を伸ばすのも同様に、ゲーム側が対応していないと安定して性能が出せません。

ただSLIやCrossFireは対応しているゲームだと劇的に性能アップできて、コストも安く抑えられる場合があるので、お金がある人やどうしても特定のゲームでFPSを出したいって人には向いてます。

Radeonシリーズの性能比較

2012年 2011年 NVIDIA比較
7970GE GTX680
7970 GTX670
7950 GTX660ti
7870 GTX580
7850 6970 GTX570
6950 GTX560ti
6870
6850

RADEONシリーズのコア名はHD 7970がTahiti XTみたいに数字ではなく文字で、分かりにくいので省略。

GPUコアが決まったら次はメーカー②を選ぶんですが、いくつか見るべきポイントがあります。

メーカーによってクーラーの出来が違い、冷却性能も変わって来ます。

よく冷える分、それだけ性能を引き出せたり、静かになったりするので、メーカー独自にオーバークロックして販売している製品も多いです。

グラフィックボードのスペック表の見方

ここから下は興味ある人だけでいいと思います。
EVGA_GTX780_HYDRO_450x242.jpg

コアベースクロック コア周波数。メーカー①が決めた定格クロックを把握して、どれだけ上がっているのか見るといい。
ブーストクロック GPUブーストという、温度と負荷に応じて自動的に動作周波数を上げてくれる機能の期待値。
メモリクロック メモリ周波数。高ければ高いほどいい。
メモリ容量
メモリバス幅
メモリ規格
容量が多いほど、メモリバス幅が大きいほど、高解像度で重いゲームになっても性能が下がりにくい。メモリ規格は世代ごとに確認しておく。現在の主流はGDDR5。
消費電力
補助電源
グラボの消費電力によっては、マザーボードの電力では足りないので、PC電源から新たに供給する必要がある。もちろん消費電力が低いほうがいい。
電源フェーズ数 OCすると電源に負担がかかるため、メーカー②が独自に改良している場合があります。OC耐性を見る一つの基準。
占有スロット マザーボードの占有スロット数。1スロットなら狭いマザーボードでものせることができるが、3スロットになると入らない場合もある。
接続端子 HDMIやDVIなどの数と種類。SLIやCrossfireをするときに確認しておきたい。
バスインターフェイス マザーボードの接続規格で、最大でどれだけの転送速度を持つのか、どこに挿せばいいのか分かる。現在の主流はPCI Express 3.0 (x16)となっている。
Direct X 世代ごとに確認しておく。DirectXとはマイクロソフトが開発したゲーム処理のAPI集合。現在の主流はDX11.2で、古いゲームはDX9対応などとなっているが、最新バージョンならプレイできる。

これだけチェックするポイントはありますが、GPUコアは変わらないので、性能はOCしても1割くらいしか違いません(一部のOC特化モデルを除く)。

ただ搭載するファンによっては普通の状態でもうるさいファンがあるので、なるべく評判の良いメーカー②のほうがいいでしょう。

670OCと680が同じくらいの性能ならば、価格が安い670OCでも良いですが、性能と価格の逆転現象があるので注意。

660OCのほうが高くて性能が低いのに、660tiのリファレンスのほうが安いみたいな感じ。

だからそこまでメーカー②にこだわる必要はないです。特価品やタイムセール品があったら迷わず買ってもいいと思います。

ただ安いものは3スロットだったり、DVI接続端子がなかったりするので要注意です。

 - ゲーミングデバイス, 自作パソコン

adsense3

adsense3

  • Twitterでつぶやく
  • twitter_profile

いつもありがとうございます。あなたのTweetがこのブログの原動力になります。

  • rss120
  • feedly120
  • facebook_150
  • google120

2017年もどんどん更新していきます。Fbは韓国AVA、G+は記事のまとめ。

Comment

  1. 匿名 より:

    分かりやすくて良かったです
    こんどグラボ買い換える参考にします

    • ぬっかと より:

      コメントありがとうございます。こちらもお役に立てて嬉しいです。

  2. 匿名 より:

    ELSAはどうなのでしょうか

    • ぬっかと より:

      ELSAのクーラーも静かでよく冷えますよ。
      ただ、値段が高いのであまり人気はないです。

  3. kamikami333 より:

    初めまして。

    Nvidia、AMD双方共、リファレンスファンタイプのグラボについては、どこのメーカー(ASUSなど)も一緒です。
    分かり易く言うと、要はグラボに貼ってあるシールが違うだけです。

    オリジナルファンタイプのグラボの基板も、どこのメーカーも同じです。(OC製品は除く)

    つまり、現在のグラボ戦争はオリジナルファンの性能戦争と言えますね。

  4. せん より:

    今度自作pcを作ろうと思うんですけど満足にfps(bf4)などができる最低限のグラボ教えてくださいm(__)m

    • Nukkato より:

      今だったらGTX760がわりと快適、GTX770以上が快適って感じです。2015年まで待てばGTX960が出ます。GTX960は770以上と思われます。

  5. せん より:

    教えてくれてありがとうございます。
    最初は760でいこうかと思います。

  6. にし より:

    はじめまして。グラボのメーカーを調べていたらこのブログを見つけました。
    今月末にBTOPCの買い替えを検討しています。知識が乏しくわからないのですが、オーバークロック対応(ファンが2つ付いているもの?)と書かれているグラボにオーバークロック非対応のCPUやマザーボードの組み合わせで売っているPCがあるのですが、冷却を充分に行うという観点からそういう組み合わせも無駄ではないという事なんでしょうか?

    • Nukkato より:

      CPUとグラボのオーバークロックは全く別物ですよ。グラボはどのパソコンでもOCできます。電源容量が多い方がいいですが、まぁ問題ないでしょう。

      • にし より:

        ぬっかとさん即座の回答ありがとうございます。
        無駄ではないとわかったので買い替え時は管理者様お勧めのメーカーから選びたいと思います。

  7. 匿名 より:

    同じGPUでも一番安いとこはメーカー②がどこかで手を抜いてるから
    基盤をみてから買うほうがよいかも。
    回路が2フェーズあっても片側が安物コンデンサで
    それ側のチップが破裂したことが前にあったから。(玄なんとかのグラボw)

    • Nukkato より:

      コンデンサは製品寿命そのものといっても過言ではないですからねぇ・・・

  8. 匿名 より:

    eVGAのグラボのコンデンサって、どこの国が製造しているんでしょうね?

  9. さや より:

    記事が参考になりました。
    次回、買い替えの際にはここの記事見て購入したいと思います。
    ありがとうございましたヽ(゚▽、゚)ノ

  10. 匿名 より:

    全然アテになんねーwwwwwwwww

  11. 匿名希望(゚∀゚) より:

    1万円程度でそこそこ使えるGPUってありますか?

  12. さくらもち より:

    とても参考になる記事ありがとうございました。すごく勉強になりました。

    今、グラボの購入を検討しているのですが外側を作る会社もGPUが同じでもでも値段に1万円近く差があったりするものがあるのですが、この差は一体何なのでしょうか?

    予算は3万円くらいまでなら出せるのですが、おすすめのグラボがあったら教えて下さい。電源は定格500Wで補助ピンは6ピンが一つです。GPUの種類は問いませんが3Dゲームに強いグラボを求めています。

    • Nukkato より:

      メーカーによってクーラーや基盤が違うので、その差になります。
      予算が3万円で、今だったらGTX 960 GAMING 4G FFTZがおすすめです。4GBのわりに安くてクーラーも優秀なので。

Message

  関連記事

FPS初心者向けキーボード&マウス Motospeed CK888 レビュー

今回はマウスとキーボードセットで59.9ドルの「Motospeed CK888」 …

低価格でこのクオリティ! ゲーミングヘッドセット SOULBEAT LB-901 レビュー

今回は低価格ながらFPSやMMOなどのゲームに適したゲーミングヘッドセット「SO …

使いやすい!ゲーミングマウス Cougar 530M レビュー

今回は2016年7月1日国内発売予定のe-sports向け光学式ゲーミングマウス …

快適な装着感!ゲーミングヘッドセット Kingston HyperX Cloud Revolver レビュー

今回は2016年5月14日に14,980円で日本発売のゲーミングヘッドセット「K …

7.1ch ゲーミングヘッドセット EASARS Tornado レビュー

7.1ch バーチャルサラウンドゲーミングヘッドセット EASARS Torna …

2015年のCPU選び、人気とおすすめ・比較

2015年のCPU選びについて、MaximumPCなどの海外サイトを参考に自分な …

ゲーマーならこれ一本で十分!? 7.1ch ゲーミングヘッドセット Kingston HyperX Cloud 2 レビュー

今回もKingston社より、新型のゲーミングヘッドセット「Kingston H …

おすすめマザーボード Intel編 2015年最新版

2015年のおすすめマザーボードをまとめました。2014/12/25時点です。 …

音楽を無線で聴く。Bluetooth 受信機 Inateck BR1001 レビュー

今回はInateck社より、提供して頂いた「Bluetooth オーディオレシー …

PCゲーミングフットペダル Fragpedal Quad レビュー

フットペダルはよく使うキーを登録しておくことで、普段のネットサーフィンやPC作業 …