Nukkato (ぬっかと) FPSおすすめブログ

今ホットな情報をお届けします。

おすすめPCケース 2014年最新版

      2016/12/30

antec_p100_300
おすすめのパソコンケースをまとめました。画像はAntec P100

ケースはPCパーツの中で一番自由度が高く、一番長く使えるパーツになります。

冷却性、静音性、メンテナンス性、拡張性、デザイン、価格など色々判断基準があるので、自分にあったものを選ぶといいでしょう。今回は万能ケース、静音ケース、冷却ケース、格安ケース、小型ケースの5つを載せています。

おすすめパソコンケース

最近のPCケースは静音重視が流行りです。大型ファンを使って冷えつつも、静かなものが人気。

また、拡張性やメンテナンス性も重要で、基本は静音PCケースながらも、ファンを付け足せば冷却ケースにもなる万能PCケースも出てきました。

小型PCケースもいいのが最近出始めてきたので、注目です。以下のおすすめPCケースは定番のものばかりなので、迷ったら参考にして下さい。

予算は1万円前後あれば、長く使えて静かなものが手に入るって感じです。5千円前後の格安ケースは静音性や拡張性、メンテナンス性など、どこか足りなかったりしますが、最近は長く使えるものも出始めました。

静音化も冷却化もできる万能PCケース

define_r4_300
Fractal Design Define R4

価格は10,690円(2014/8/31)。大きさは、横幅が232mm、高さが523mm、奥行きが464mm。

対応マザーボードはATX、microATX、Mini-ITX。対応CPUクーラーは高さ170mmまで。

対応グラフィックスボードは430mmまで。対応電源はATX 12V。重さは12.3kg。裏配線スペースは20mm。

ドライブベイは外部5.25インチが2つ、内部3.5/2.5インチ共用ベイが8つ、内部2.5インチが2つ。拡張スロットは横7段+縦1段。

付属ファンは、前面140mmファンが1つ、背面140mmファンが1つずつ。どちらもSilent Series R2の1,000rpmモデル。

搭載可能ファンは、上面120/140mmが2つまでで、240/280mm 水冷ラジエータが取り付け可能。前面は140mmファン1つと120/140mmファン1つの合計2つ。背面は140mmファン1つ、底面は120/140mmファン1つ、側面は140mmファン1つを取り付け可能。

前面にファンコントローラーを搭載し、12V/7V/5Vと簡単に速度を変更可能で、最大3個までのファンを制御可能です。

前面ポートはUSB 3.0が2つ、USB 2.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。保証は一年。

長所は①静音PCケースながら、ファンを買ってつければ冷却重視のケースにできること、②ファンコントローラーで簡単に静かにできること、③全体的な性能がよく、コストパフォーマンスに優れること。

短所は①重いこと、②前面パネルのLEDランプが、電源ランプかHDDランプかどちらかしか選べないこと。

白色のArctic Whiteや灰色のTitanium Grey、小型のDefine Mini、大きいサイズのDefine XL R2もあります。

定番の静音PCケース

antec_p100_300
Antec P100

価格は9,550円(2014/8/31)。大きさは、横幅が220mm、高さが480mm、奥行きが525mm。

対応マザーボードはATX、microATX、Mini-ITX。対応CPUクーラーは高さ170mmまで。保証は3年間。

対応グラフィックスボードは317mm。対応電源はATX 12V。重さは7.3kg。裏配線スペースは20mm。

ドライブベイは外部5.25インチが2つ、内部3.5/2.5インチ共用ベイが7つ。拡張スロットは横7段+縦1段。

付属ファンは、前面120mmファンが1つ、背面120mmファンが1つずつ。どちらも700rpm〜1,100rpmモデル。

搭載可能ファンは、上面が140mmファン2つまで、前面は140mmファン2つ。

前面ポートはUSB 3.0が2つ、USB 2.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。

特徴は、①270度の開閉が可能なダブルヒンジドア、②二層構造の遮音パネル、③ドライバーなどの道具がいらないツールレス構造で簡単にメンテナンスが可能なこと。

定番の冷却PCケース

cm690_3_300
Cooler Master CM690 Ⅲ(CMS-693-KKN1-JP)

価格は12,960円(2014/8/31)。大きさは、横幅が230mm、高さが507mm、奥行きが502mm。

対応マザーボードはATX、microATX、Mini-ITX。対応CPUクーラーは高さ171mmまで。対応グラフィックスボードは423mm。対応電源はATX 12V。重さは8.7kg。裏配線スペースは15mm。

ドライブベイは外部5.25インチが3つ、内部3.5インチベイが7つ、内部2.5インチが10つ。拡張スロットは横7段+縦1段。

付属ファンは、前面200mmファンが1つ、背面120mmファンが1つずつ。

搭載可能ファンは、上面は200mmが1つ、または120/140mmが2つまで。底面は120mmファン1つ、左側面は200/180mmファン1つ、または120mmファン2つ。3.5 インチシャドーベイに120mmファン1つ。

前面ポートはUSB 3.0が2つ、USB 2.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。

特徴は、①200mmファンを最高で3つ搭載可能なこと、②ケース全体で最高9つのファンを搭載できること。

5千円前後の格安冷却PCケース

ちょっと前までは、格安PCケースというと、付属ファンが多くて冷却性能が高いZ12 PLUSなどのZALMANのケースが人気でしたが、最近は他のメーカーからもいいものが出始めてきました。

Z12 PLUSもいいですが、前面パネルと上面パネルが取り外しにくくてメンテナンス性が低いので、今回は対応CPUクーラーの高さが十分にあり、メンテナンス性も十分なENERMAX Ostrog ECA3252をおすすめしています。

enermax_ostrog_eca3252_300
ENERMAX Ostrog ECA3252

価格は4,654円(2014/8/31)。大きさは、横幅が200mm、高さが460mm、奥行きが480mm。

対応マザーボードはATX、microATX。対応CPUクーラーは高さ174mmまで。

対応グラフィックスボードは413mm。対応電源はATX 12V。重さは5.3kg。拡張スロットは7つ。

ドライブベイは、外部5.25インチが4つ、内部3.5インチベイが6つ。

付属ファンは、前面120mmファンが1つ、背面120mmファンが1つずつ。

搭載可能ファンは、上面120/140mmが2つまで、側面は120/140mmファン2つまで、底面は120mmファン1つを取り付け可能。

前面ポートはUSB 3.0が1つ、USB 2.0が3つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。

安いPCケースですが、背が高いCPUクーラー・長いビデオカード・水冷キットを取り付け可能なので、ゲーミングPCとして十分な性能を持っていると言えます。

メンテナンス性がトップクラスの超小型ケース

lian_li_pc-q33_300
LIAN LI PC-Q33B

価格は11,520円(2014/8/31)。大きさは、横幅が229mm、高さが328mm、奥行きが240mm。

対応マザーボードはMini-ITX、Mini-DTX。対応CPUクーラーは高さ180mmまで。

対応グラフィックスボードは220mm。対応電源はATX 12V(200mmまで)。重さは2.2kg。

ドライブベイは、外部3.5インチが2つ、内部2.5インチベイが3つ。拡張スロットは2つ。

付属ファンは、背面120mmファンが1つ。水冷キットも搭載可能。

前面ポートはUSB 3.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。

ドライバーなどの道具がいらないツールレス構造で、パネルが開く独特な構造で組み立てのし易さやメンテナンス性がかなり高いです。

小型PCケースには珍しく、180mmまでのハイエンドCPUクーラーにも対応。Mini-ITXのケースならこれが一番おすすめです。

最近はミドルレンジのGTX760などは短いモデルが出ているので、ライトゲーマーならこれくらいの小型ケースでも十分かもしれません。

 - 自作パソコン

adsense3

adsense3

  • Twitterでつぶやく
  • twitter_profile

いつもありがとうございます。あなたのTweetがこのブログの原動力になります。

  • rss120
  • feedly120
  • facebook_150
  • google120

2017年もどんどん更新していきます。Fbは韓国AVA、G+は記事のまとめ。

Comment

  1. 匿名 より:

    ついこの間Z9買って換装したけどまあちょいちょい造りが雑でしたwといってもそこまで深刻なものはなかったのでサイドのアクリルとか温度計とかずっとbtoのケース使っててイメチェンしたい!って人とかにはおすすめできるかもです。一緒に買ったR9 280xがスペースキッツキツでびびったのは秘密

    • ぬっかと より:

      Z9 Plusは冷却重視のゲーミングPCケースとしては、コストパフォーマンスがいいんですが、初期不良とか作りが雑なところがありますね。上面と前面パネルの取り外しが引っ掛けるタイプのもので、外すと指が痛くなるっていうのが僕にとってはちょっと・・・

  2. nyan より:

    今度はMini-ITXで組もうかなー。

    • ぬっかと より:

      小型PCケースを選べるっていうのも自作PCの醍醐味ですね。
      徐々にいいケースが出始めてるので、狙い時です。

  3. 匿名 より:

    たしかにこの前初めて自作をしたんですがZ9 Plusかって思ったことはほんとに雑だなって思いました
    またお金たまって買い換えるときはいいのにしようと思います
    あとPCケースを換えるペースって目安としてどのぐらいの期間で買い換えたらいいのでしょうか??

    • ぬっかと より:

      PCケースは使おうと思えば、ずっと使えるものなので、買い換える時期としては、新しいPCを組むときや壊れた時ぐらいでしょう。
      静音PCにしたい!とか小型PCを組みたい!とか前面ポートがUSB3.0なので、それが古くなったらとか、好きなタイミングで買えばいいかと。

  4. 匿名 より:

    3年ほど前にG-TuneでNEXTGEAR-MICRO シリーズのパソコンを買ったのですが、このケースはまだ長いこと使えるでしょうか?あまり良いものでなければ買い替えたいと思ってます。

    • ぬっかと より:

      型番がわからないと何とも言いようがなく、G-tuneのパソコンとなると、ケースも独自モデルの可能性が高く、情報も少なく、市販されてないので、正直わかりません。

      静音性、冷却性、メンテナンス性に不満がなければ、そのまま使ってもいいとは思いますが。

  5. 匿名 より:

    DVDドライブ搭載可おすすめケースを教えて下さい

Message

  関連記事

2015年のCPU選び、人気とおすすめ・比較

2015年のCPU選びについて、MaximumPCなどの海外サイトを参考に自分な …

おすすめマザーボード Intel編 2015年最新版

2015年のおすすめマザーボードをまとめました。2014/12/25時点です。 …

おすすめグラフィックボード NVIDIA編 2014年最新版

NVIDIAの最新ビデオカードをまとめました。画像はNVIDIAより。 AMDの …

おすすめPC電源 2014年最新版

おすすめのパソコン電源をまとめました。画像はCorsair RM1000。 電源 …

おすすめCPU “Haswell Refresh”と”Devil’s Canyon” 2014年最新版

intelの最新CPUをまとめました。画像はintelより。 おすすめCPU 一 …

メモリーの選び方・自作PCとノートパソコン用

PCメモリーの選び方を僕なりにまとめました。2014/7/08時点です。 これを …

FPSにおすすめの自作PC 静音パソコン編

パソコンの音ってけっこう気になりますよね。うるさいと作業に集中できないこともある …

おすすめFPSサウンドカード

FPSで人気のサウンドカードをまとめました。サウンドカードはパソコンの環境と相性 …

AVA GTX600、GTX700シリーズの性能を引き出す方法と設定

今回はGTX680やGTX780などのビデオカードで、本来のパフォーマンスを出す …

初心者でもできるグラフィックボードのオーバークロック(GPUのOC)方法と設定

今回は誰でも簡単にできる、ビデオカードをオーバークロックするやり方です。 オーバ …