Nukkato (ぬっかと) FPSおすすめブログ

今ホットな情報をお届けします。

おすすめPC電源 2014年最新版

      2016/03/26

corsair_rm1000_300
おすすめのパソコン電源をまとめました。画像はCorsair RM1000

電源選びはけっこう重要で、品質が悪いものを使い続けると、他のパーツを巻き込んで壊してしまう場合があります。

静音性やメンテナンス性にも関わってくるので、電力効率や安定性などを考慮して自分に合ったものを選びましょう。

おすすめPC電源

電源選びの基本は、システム全体の消費電力の2倍の出力の電源を選ぶことです。

例えば、パソコンの消費電力が250Wなら、500Wの電源を選ぶって感じです。この他にも、80PLUS規格、コンデンサ、安定性、静音性などの判断基準がありますが、長くなるので今回は省略して、次回以降に解説したいと思います。

以下のおすすめ電源はどれも優秀なものばかりなので、迷ったら参考にして下さい。

トップクラスの安定性と静音性の定番電源

Seasonicは電源メーカーの中でも評価と人気が高く、トップメーカーといっても過言ではないです。

その分、価格が少々高いですが、それに見合った性能を持つ製品が多いです。

ss-760xp2_300
Seasonic Xseries XP2 SS-660XP2(660W) / 760W / 860W

大きさは、横幅が150mm、高さが86mm、奥行きが160mm。ATX 12V、EPS 12V、Haswell対応。

電源変換効率は80PLUS PLATINUMで、20%~50%の負荷では92.5%、100%の負荷では91.1%で、トップクラスの変換効率。

コンデンサーは1次側、2次側ともに日本製の105℃対応アルミ電解コンデンサ。高い信頼性を持つ。

プラグイン形式で、着脱可能なフラットモジュラーケーブルを採用。電磁ノイズを減らし、安定性と排熱性を高めたモデル。

保証は5年間で、壊れた場合は新品交換。

搭載ファンは12cmの山洋電気製ファンで、50%負荷時の騒音が16dBAという超静音ファン。また、ハイブリッドモードとサイレントモードを切り替え可能。静音重視か冷却重視か選べる。

各電圧出力について、+12Vの最大電流は660Wが55A、760Wが63A、860Wが71A。+12V以外は容量が違っても全て同じで、+3.3Vは25A、+5Vは25A、-12Vは0.5V、+5Vsbは3A。

コネクタ数は、マザーボード用のATX 24/20pinが1個、CPU用のEPS 8pinが1個、ビデオカード用などのPCI-E 8pin (6+2)が4個(860Wは6個)、SSD用などのSATAが10個、CPU用のATX 4+4pinが1個、HDD 4pinが5個、FDD 4pinが1個。

付属ケーブル数は、ATX 24/20pinが1本、EPS 8pinが1本、PCI-E 8pinが2本、SATAケーブルが3本、ATX 4+4pinが1本、4pinペリフェラルケーブル(HDD 4pin)が3本、ミニ4ピン変換電源ケーブル(FDD 4pin)が1本。

安くて高効率の定番電源

え?玄人志向って評判良くないんじゃないの?って思った人もいるかと思います。

確かに一部のパーツでの評価はあまり良くないですが、電源は別です。むしろ安くて無難な作りなので、PC電源に関しては昔から評価が高く、定番メーカーの一つです。

pt500_300
玄人志向 KRPW-PT500W/92+ REV2.0 / 600W / 700W / 800W

大きさは、横幅が150mm、高さが86mm、奥行きが140mm(800Wだけ160mm)。ATX 12V、EPS 12V、Haswell対応。

電源変換効率は80PLUS PLATINUMで、20%の負荷では90%、50%の負荷では92%、100%の負荷では89%で、トップクラスの変換効率。

コンデンサーは1次側に日本製の105℃対応のアルミ電解コンデンサ。高い信頼性を持つ。

保証は3年間。搭載ファンは12cmの静音ファン(800Wだけ13.5cm)。

各電圧出力について、+12Vの最大電流は500Wが41A、600Wが49A、700Wが58A、800Wが66A。+3.3Vと+5Vは20A(500Wと600W)、または22A(700Wと800W)。-12Vは0.5V、+5Vsbは3Aで、これはどのモデルも同じ。

500Wと600Wのコネクタ数(ケーブル数)は、マザーボード用のATX 24/20pinが1個、CPU用のEPS 8pinが1個、ビデオカード用などのPCI-E 8pin (6+2)が1個、PCI-E 6pinが1個、SSD用などのSATAが6個、HDD 4pinが2個、FDD 4pinが1個。

700Wと800Wのコネクタ数は、マザーボード用のATX 24/20pinが1個、CPU用のEPS 8pinが1個、ビデオカード用などのPCI-E 8pin (6+2)が4個、SSD用などのSATAが8個、HDD 4pinが6個、FDD 4pinが1個。

無音動作も可能な静音電源

Corsairも評価が非常に高いメーカーです。製品によっては7年保証の長期保証があり、信頼性が高い製品が多いです。

corsair_rm1000_300
Corsair RM450 / 550W / 650W / 750W / 850W / 1000W

大きさは横幅が150mm、高さが86mm、奥行きが180mm(450W~650Wは160mm)。ATX 12V、EPS 12V、Haswell対応。

電源変換効率は80PLUS GOlDで、20%の負荷では87%、50%の負荷では90%、100%の負荷では87%。

負荷率が40%より小さいときは、Fanlessモードになり、無音(0dB)の状態になる。(Zero RPM Fan Mode)

コンデンサーは1次側に日本製の105℃対応のアルミ電解コンデンサ。高い信頼性を持つ。

保証は5年間。搭載ファンは13.5cmの静音性が高いライフルベアリングファン。最大ファンノイズ26dBA。

プラグイン形式で、着脱可能なフルモジュラーケーブルを採用。

各電圧出力について、+12Vの最大電流は550Wが45.8A、650Wが54A、750Wが62.5A、850Wが70.8A、1000Wは83.3A。+3.3Vと+5Vは25A(450Wだけ24Aと22A)、-12Vは0.8V、+5Vsbは3Aで、これはどのモデルも同じ。

重量は450Wが1.55kg、550Wが1.58kg、650Wが1.63kg、750Wが2.15kg、850Wが2.16kg、1000Wが1.9kg。

電源コネクタ数 450W / 550W 650W / 750W 850W 1000W
ATX 24/20pin 1 1 1 1
EPS 8pin 1 1 2 2
PCI-E 8pin 2 4 6 8
SATA 6 8 10 12
HDD 4pin 4 7 8 11
FDD 1 2 2 2

 

付属ケーブル数 450W / 550W 650W / 750W / 850W 1000W
ATX 24/20pin 1 1 1
EPS 8pin 1 1 2
PCI-E 6+2pin 1 2 4
SATA 2 2 3
HDD 4pin 1 2 3
FDD 1 2 3
C-Link 0 0 1

1000Wモデルのみ、システム統合管理ツールCorsair Linkに対応し、Windows上の専用ソフトから電源ユニットのファン回転数や+12V出力のモニタリングができます。

 - 自作パソコン

adsense3

adsense3

  • Twitterでつぶやく
  • twitter_profile

いつもありがとうございます。あなたのTweetがこのブログの原動力になります。

  • rss120
  • feedly120
  • facebook_150
  • google120

2017年もどんどん更新していきます。Fbは韓国AVA、G+は記事のまとめ。

Comment

  1. 名無し より:

    RMシリーズのCorsair Link対応は全機種ですよ。
    RM1000のみ違うのは【ケーブルが付属するか否か】です。
    RM1000以外はC-Linkケーブルが付属しませんが、そのほかの手段
    (代理店Linksから購入や、ほかのCorsair製品からの流用)で
    C-Linkケーブルを入手すれば850以下のモデルでも使用可能です

  2. 名無し より:

    蛇足ですが
    最上位のAXシリーズのみ、Corsair Link対応機は
    最上位のAX1500iのみとなります
    これは1500iと1200i/860i/760iの製造メーカーが異なるからです

    Corsairは自社で電源の製造は行っておらず、
    OEM製造のみの販売となっております

    AX1500iについてはこれのみOEM先がSeasonic、
    ほかの現行AXi-シリーズはFlextronicsですので
    C-link非搭載はFlexの生産の都合上だと思われます

    現在私の把握してる限り
    (代理店/海外フォーラム/分解写真および80+認証資料から照合)
    では
    AXi→Seasonic(1500W)/Flextronics(他)
    HXi→CWT
    RM→ Chicony Electronics(750/850W)/CWT(他)
    CX→Delta Erectronics

    となってます。

  3. 名無し より:

    Corsair Linkは、
    1500i 以外の
    1200i
    860i
    760i

    に対応しておりますが?

    もう少し、調べてから書き込みされたらいかがでしょうか。

  4. 名無し より:

    追記します。

    Corsair Link非対応は、

    AX 1200
    AX 860
    AX 760

    が、AXシリーズの中でCorsair Link非対応です。
    型番に i が付いていないものが、 Corsair Link非対応です。

  5. 匿名 より:

    エナーマックス Platimax EPM750AWTがほぼ無音だったのには驚いた。

Message

  関連記事

2015年のCPU選び、人気とおすすめ・比較

2015年のCPU選びについて、MaximumPCなどの海外サイトを参考に自分な …

おすすめマザーボード Intel編 2015年最新版

2015年のおすすめマザーボードをまとめました。2014/12/25時点です。 …

おすすめグラフィックボード NVIDIA編 2014年最新版

NVIDIAの最新ビデオカードをまとめました。画像はNVIDIAより。 AMDの …

おすすめPCケース 2014年最新版

おすすめのパソコンケースをまとめました。画像はAntec P100。 ケースはP …

おすすめCPU “Haswell Refresh”と”Devil’s Canyon” 2014年最新版

intelの最新CPUをまとめました。画像はintelより。 おすすめCPU 一 …

メモリーの選び方・自作PCとノートパソコン用

PCメモリーの選び方を僕なりにまとめました。2014/7/08時点です。 これを …

FPSにおすすめの自作PC 静音パソコン編

パソコンの音ってけっこう気になりますよね。うるさいと作業に集中できないこともある …

おすすめFPSサウンドカード

FPSで人気のサウンドカードをまとめました。サウンドカードはパソコンの環境と相性 …

AVA GTX600、GTX700シリーズの性能を引き出す方法と設定

今回はGTX680やGTX780などのビデオカードで、本来のパフォーマンスを出す …

初心者でもできるグラフィックボードのオーバークロック(GPUのOC)方法と設定

今回は誰でも簡単にできる、ビデオカードをオーバークロックするやり方です。 オーバ …