Nukkato (ぬっかと) FPSおすすめブログ

今ホットな情報をお届けします。

120Hz・144Hzモニタが更にパワーアップするLightBoostの設定方法

      2014/05/25

nvidia-lightboost

LightBoost機能とは

動いているものをより見やすくする機能のこと。残像を減らしてくっきりとした映像に。

液晶モニタの2Dモーションブラーがなくなってブラウン管テレビ(CRTモニタ)並みになる。

モーションブラーとは

動いているものをカメラで撮るときに生じるぶれのこと。被写体ブレ。

NVIDIA 3D LightBoostの応用

このソフトはNVIDIA 3D LightBoostを使っているため、これに対応しているモニタでないとできません。またグラフィックボードも当然nVIDIA製の方がいい。画像はnVIDIA公式より。
nvidia-3d-lightboost

推奨環境

それなりのPCスペックがないと意味がないので、GTX680、GTX770、GTX780、GTX Titanあたりが推奨スペックとなります。

対応機種

日本で発売していないものは除外してます。

ASUS VG248QE BenQ XL2420TE
ASUS VG278H BenQ XL2720T
ASUS VG278HE BenQ XL2420T

BenQ XL2410TやSamsungの120Hzモニタなどは非対応ですが、無理矢理LightBoostを設定する方法があります。

ただいまその記事を準備中ですので、今しばらくお待ちください。

おすすめ144HzモニタとFPSで有利な設定

おすすめ144Hzモニタ 比較・まとめ

Windows 7/vistaで起こるゲームに不利な3フレーム遅延の解消対策

実証動画

設定方法

ダウンロードと実行

1.まずはダウンロードサイトにいって、上のほうのhttp://www.monitortests.com/strobelight-beta2.zipをクリックしてダウンロードする。

2.解凍して出てきたstrobelight-setup.exeを実行。
strobelight

リフレッシュレート設定

3.下の4つの枠で上2つは120Hz(strobed)と100Hz(strobed)を選ぶ。

残りの2つは自分のモニタのリフレッシュレートに合わせて最大値と最低値を選ぶ。

120Hzモニタを使っているなら121Hzと60Hzを選ぶ。121Hzは気にせずに。

144Hzモニタを使っているなら144Hzと60Hzを選ぶ。

選び終わったらInstall refresh ratesをクリック。

補足

デスクトップを右クリック→個人設定→ディスプレイ→解像度の調整→詳細設定→モニタで表示されるリフレッシュレートは

120Hzと100Hzは今インストールしたLightBoostオンのリフレッシュレートになります。

121Hzと144HzはLightBoostオフのリフレッシュレートになります。

144Hzよりも120HzのLightBoostの方が動きに強い

もっというと、100HzのLightBoostのほうが144HzのLightBoostオフよりもモーションブラーが少ないです。この理由は省略します。

ショートカットの作成

Windows 7の場合です。

4.解凍して出てきたもう一つの方のstrobelight.exeを右クリックして、ショートカットの作成。

スタートボタン→すべてのプログラムの下のほうにある「スタートアップ」を右クリックして開く

strobelight.exeのショートカットを切り取って、スタートアップフォルダに入れる。

ちなみに、スタートアップフォルダのパスはこれ。AppDateは隠しフォルダなので注意。C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

終わったら、再起動する。

効果を実感するためのテスト

CtrlキーとAltキーと+キーでlightboostがオン。

CtrlキーとAltキーと-キーでlightboostがオフ。

明るさをできるだけ揃えたほうが分かりやすいので、画面右下の電球マークのStorobelight.exeを右クリックしてStorobe brightnessを100%にした方がいいと思う。

僕は効果を実感できました。みなさんはどうでしょうか。よければ感想をコメント欄へ。

特徴

長所

・動いているものがより見やすくなる。

・反射神経がアップする(人によって差がある)

・LightBoostによって、120Hzモニタの方が144Hzモニタよりも速い動きに強くなって臨場感が増す。

短所

・暗くなって、色が悪くなる

・ちらつきが発生する

・強力なGPUが必要。推奨環境はGTX680以上。

細かいStorobeLightの設定

最大限のパフォーマンスを出すための細かい設定方法を紹介。
motion-blur-graph

上記のグラフのように、液晶モニタを暗くすればするほどパフォーマンスがあがります。

ただあまりにも暗いと見にくいので僕は100%でも十分だと思う。画像はBlur BUSTERSより。

nVIDIAの設定

LightBoostの色を調整します。まずnVDIAコントロールパネルを開いて

デスクトップの明るさを52%、デスクトップコントラストを45%、デスクトップガンマを0.7%に設定。

フルスクリーンにするとLightBoostがオフになる問題

・NVIDIAコントロールパネル→3D設定の管理→プログラム設定→優先的に利用するリフレッシュレートをグローバル設定にする

利用可能な最高値にするとこのような問題が起きるようです。

アンインストール

1.スタートボタン→すべてのプログラム→スタートアップフォルダの中にあるstrobelight.exeのショートカットを削除。

2.デスクトップを右クリック→NVIDIAコントロールパネル→ステレオスコピック3Dを無効にする

3.モニタのコンセントを抜いてから(電源を切る)5秒待って、もう一回さして電源を入れる。

4.デスクトップを右クリック→個人設定→ディスプレイ→解像度の調整→詳細設定→モニタで表示されるリフレッシュレートが121Hz、もしくは144Hzになっていることを確認する。

まとめ

色々と短所はありますが、このソフトを導入することによって120Hzモニタが普通の144Hzモニタを上回る可能性があるわけです。

120HzモニタとGTX680以上のGPUを使っている人にとっては朗報ですね。

また144Hzモニタを使っている人は更にパワーアップする可能性があるので、是非一度試してみては。

 - 120Hz~144Hzモニター

adsense3

adsense3

  • Twitterでつぶやく
  • twitter_profile

いつもありがとうございます。あなたのTweetがこのブログの原動力になります。

  • rss120
  • feedly120
  • facebook_150
  • google120

2017年もどんどん更新していきます。Fbは韓国AVA、G+は記事のまとめ。

Comment

  1. 匿名 より:

    此方ASUS VG248QE使用者ですが動いてるものがかなりくっきりするようになりました!

    • ぬっかと より:

      効果が実感できたということですね!

      よかったです。海外ではもはや当たり前の設定だそうです。

  2. 匿名 より:

    ただ上の設定だと超暗いのでAVAだと使い物になりません

    • ぬっかと より:

      暗くなるのはデメリットの一つです。

      残像が減ることよりも、暗くなることで当てにくく感じるようならlightboostしないほうがいいでしょう。

  3. 匿名 より:

    XL2420Tで使ってみたけど、メリットよりデメリットの方が大きい気がする
    やはり視認性が低下するとエイムが狂う
    Black eQualizerなどの機能が使えなくなるのも痛い

    • ぬっかと より:

      Black eQualizerをいつも使っているなら、けっこう痛いですね。

  4. 匿名 より:

    VG248QEを使用しています

    LightBoostを設定してみたところ確かに残像が減り動いている画像が見やすくなりました

    また、1つ疑問に思った点があるのですがLightBoostオン時にリフレッシュレートを確認してみたところ120Hzに強制的に変更されていました

    これは144HzかつLightBoostオンに設定する事は不可能なのでしょうか?

    • ぬっかと より:

      今のところ144hzのライトブーストは技術的に不可能です。

      しかし上でも書いたとおり、144Hzよりも120Hzのライトブーストのほうが残像が少ないです。

  5. 匿名 より:

    フルスクリーンのゲームをプレイするときにlightboostがOFFになってしまうのですがフルスクリーンのゲームには対応してないのでしょうか?
    モニタはXL2420Tです。

    • ぬっかと より:

      対応してますよ。僕もXL2420Tですけど、フルスクリーンにしたからといってOFFになったりしません。

      もう一度設定を見直してみてはどうでしょう。

  6. 匿名 より:

    たびたびすみません
    設定をいろいろ試してみたのですが、状況が改善しないので再インストールしようと思うのですが、その場合プログラムのアンインストールをしてその後もう一度最初からやるということでいいのでしょうか?

  7. 匿名 より:

    解決しました
    NVIDIAコントロールパネルの3D設定の優先的に使用するリフレッシュレートの項目が利用可能な最大値になっていたせいでした。 

  8. 匿名 より:

    これを入れた後にPC起動後に一瞬暗転するのですが、直せませんか?一応アプリは消してみたのですが直らないのですが

  9. 匿名 より:

    これを入れてAVAをプレイすると動いてるものが左右にぶれるようになり、設定を初期化したいのですがどうすれば消せますか?
    NVIDIA 3D Visionドライバーとコントロールドライバーをアンインストール、または再インストール
    は試しましたがなおりません

  10. 匿名 より:

    nVIDIAの設定

    LightBoostの色を調整します。まずnVDIAコントロールパネルを開いて

    デスクトップの明るさを52%、デスクトップコントラストを45%、デスクトップガンマを0.7%に設定。

    とありますが明るさ、コントラスト、ガンマはかえてはいけないんですか?

    • ぬっかと より:

      あくまで、一つの設定例なので自分が一番見やすいものに変えていいと思いますよ。

  11. 匿名 より:

    お○ん○んさん・・XL2410T使用者に光を・・

    • ぬっかと より:

      XL2410Tについては追記しますが、とりあえずnumlockzというブログを見てみてください。

  12. 名無し より:

    こちらの方法以外に別の方法があるようですが、効果は違うのでしょうか?こちらは暗い、ほかのところは眩しいという意見が

    • ぬっかと より:

      自分で体感してみるのが一番かと。

      明るいのはXL2411Tの裏技かな。

  13. 匿名 より:

    LightBoostでなぜそれなりの性能のグラボが必要なのでしょうか?処理にGPUの力がたくさんいるということですか? 今現在GTX650Ti使ってるのですが、LightBoost非対応のグラボとかあるんですか?(500番台とかノート向けのグラボとか)

    • ぬっかと より:

      処理にパワーがいるということです。600番台なら大丈夫ですよ。

  14. 匿名 より:

    コンピューター起動時に毎回121hz 100hz 120hz 60hzって選ばなきゃいけない画面が出るんですけどこれが普通ですか?

  15. 匿名 より:

    たぶんスタートアップに入れるのがstrobelightではなくstrobelight-setupになってるんじゃないかな?

  16. 匿名 より:

    XL2410T使用者に光はまだですか

  17. Yuno より:

    XL2411tを使用しているんですが
    手順どうりにやってもstrobelight.exeを起動しようとるすとエラーがでて起動できません。

    エラー内容:No compatible displays found.

  18. むしゅぼーん より:

    ASUS VG248QE をつかっています。アンインストールできていないのかモニタを144HZにできません>< うぃん8.1使用中です

  19. むしゅぼーん より:

    たびたび失礼します。ASUS VG248QEのモニターを使用していて、ctrlとAltと+or-押しても画面が変わらなくなったのにNVIDAコントロールパネルでリフレッシュレートが121、120.100しか表示されません><144に戻したいです!!!

  20. 匿名 より:

    質問良いですか?AVAプレー中もモデル3DModeってでてますか?

    僕の場合、3DModeとはでないで以前設定してある、FPS2と出るんですが、これは失敗ですか?

  21. 匿名 より:

    lightboost beta4で若干仕様が変わっています
    よろしければ解説お願いいたします

Message

  関連記事

FPSにおすすめの120Hz・144Hzモニター 比較

FPSやRTSで有利になる120Hz~144Hzモニターとは何なのか、専門用語の …

G-SYNC対応120Hzモニターと144Hzモニター比較・おすすめ

現在、分かっているG-SYNC対応ゲーミングモニターをまとめました。 日本での発 …

120Hzモニター、144Hzモニターとは?メーカーの選び方と機能の解説

FPSにおすすめの120Hzモニター・144Hzモニターの選び方と機能の解説です …

おすすめFPSゲーミングモニター

FPSやRTSなどのeSPORTSで有利な120Hzモニターや144Hzモニター …

120Hzモニター、144Hzモニターの一覧

今現在売られている120Hz、144Hzモニターを一覧にしました。画像はBenQ …

ゲーミングモニター BenQ XL2420ZとXL2411Z

BenQ XL2411Z BenQが新型のXL2420ZとXL2411Zを発表し …

可変144Hzモニタ BenQ XL2720Z 残像を少なくする機能も標準搭載

BenQが27型のゲーミング液晶モニタ XL2720Zを発表しました。BenQ公 …

BenQ XL2411T、144Hzモニタの性能

BenQ XL2411T 海外で人気のBenQ XL2411Tがついに日本でも発 …

ゲーム中のカクツキやズレをなくすNVIDIAのG-SYNCとは?対応モニターと価格

NVIDIAが革命的な新技術を発表しました。今回はそのうちの一つであるG-SYN …

コスパ最強の144Hz液晶モニタ PHILIPS 242G5DJEB/11

PHILIPS 242G5DJEB/11 安くて高性能なPHILIPSの144H …