Nukkato (ぬっかと) FPSおすすめブログ

今ホットな情報をお届けします。

Overwatch GENJI(ゲンジ) コツ・攻略・立ち回り・コンボ・TIPS

   

オーバーウォッチのオフェンスヒーローの中で一番難しいと言われるゲンジのコツや立ち回りなどをまとめた。

ゲンジのコツ・心がけたいこと

初心者向け

重要
・アタッカー(DPS)やサポート、体力が低い敵など、狙う相手をしっかり見定める。
・体力が少なくなったら、壁を登る。回復を待ったり、風斬りスキル復活まで待って逃げる。
・風斬りの射程ギリギリに敵が入るように距離を調整し、振り向かずに連続攻撃する。
・敵をひとり倒したら、風斬りできるということを常に意識する。せっかく敵陣に突っ込んで1キル取っても、自分が死んではもったいない。瀕死のときはすぐ風斬りして逃げ切ろう。
・味方と一緒に進み、味方が攻めるタイミングで一緒に攻める。初心者はひとりで風斬りして突っ込み、6人から狙われて死んでしまう人が多い。ダメージが取れそうなので、やりたい気持ちは分かるが、忍耐が大事。逆にこちら6人が敵1人を狙おう。
無駄にジャンプしない。特に風斬り後の追撃時や必殺技時。これはめちゃくちゃ重要。ジャンプは敵の攻撃が当たりにくくなる以上に、自分の攻撃が当たりにくくなる。スキルがない時や、敵が正面にたくさんいる時、囲まれた時に多用する。

コツ・攻略・立ち回り
・乱戦になったら、ばんばん風斬りを使う。
・手裏剣→風斬り、手裏剣→木の葉返し、木の葉返し→手裏剣→風斬りなど、隙をなくす攻撃キャンセルを使う。
・序盤はむやみに突っ込まず、手裏剣や木の葉返しで必殺技ゲージを溜める。高所に登ってちまちま手裏剣を当てるのも有効。
・敵の攻撃が一点に集まる場所で木の葉返しをして、必殺技ゲージを溜める。その後に風斬りで逃げるのもあり。ラインハルトのファイアストライクを返せれば一気に溜まる上、そのまま風斬りして攻撃に転じることもできる。
・TEMPLE OF ANUBIS、EICHENWALDE、VOLSKAYA INDUSTRIESなどの攻撃は守備側の入り口守りが強い。野良では拠点に入って音を鳴らすだけで敵が後退し、陣形が崩れやすいので、鳴らしてから逃げるのも有効。

必殺技(龍撃剣)
・発動前に敵の位置をあらかじめ確認しておく。
・強力な攻撃を受けそうな場合は、木の葉返しも使う。
・ラインハルトの殴りは脅威なので、できるだけ斬りかかる優先順位を下げる。
・木の葉返しでキルを取るつもりで、敵との距離が近い時は積極的に狙う。密着すると効果的。
・ルシオやゼニヤッタの必殺技をカウンターで使われた場合は、死なない程度に攻撃するか、素直に引く。
・龍撃剣発動による風斬りスキル復活を利用した発動コンボ「敵をすり抜けて風斬り→ジャンプ→発動→斬る→風斬り」 / 50+120+50=220
・アナの必殺技をもらう場合は誤発を防ぐために「二段ジャンプ→上空に風斬り→龍撃剣発動→風斬りでサポートやアタッカーに斬りかかる」発動コンボを使う。
・3振り目は遅いため、できれば1、2回斬ったら風斬りする。風斬りしないと、敵の攻撃をまともに受けることになる。

慣れてきた人向け

・風斬り後や手裏剣後に近接攻撃を入れる。
・敵との距離に応じて、手裏剣を使い分ける。
・ザリアが単独で突っ込んで来る場合は、グラビトンサージを狙っている可能性があるので、密着して木の葉返しする。
・風斬り方向に壁登りができて、逃げれそうな場所がある時は、風斬りしてダメージを稼ぐ。特にコントロールはこういう場所が多い。
・トドメの一撃にこだわりすぎない。味方に任せても倒せそうな時は、次の敵を狙う。こうすることで、風斬りを使える機会が増えやすい。

行き詰ったら試してみる価値あり

上記のコツを試してみて、上手くいかなかったら、下記のことも試してみるといいかも。

・慣れるまで、マウス感度は振り向き10cm以下のハイセンシにして、風斬り後もしっかり敵を追えるようにする。
・慣れてきたら、マウス感度を振り向き10センチ以上にして、手裏剣の精度を上げる。
・手裏剣を投げるのが遅くなる近接攻撃は慣れるまで多用せず、手裏剣に集中する。
・アルティメット中もできるだけジャンプは使わず、敵の位置を見逃さないようにする。
・基本は連射が遅い左クリックの手裏剣で戦う。右クリックは慣れるまで多用しない。特に対ルシオなど。

ゲンジの特徴

メイン武器(左クリック/R2):手裏剣1:3つの手裏剣を連続して投げる。
メイン武器(右クリック/L2):手裏剣2:同時に3つの手裏剣を扇状に投げる。
アビリティ2(左SHIFT/R1):風斬り:前方に高速移動して軌道上の敵を斬る。
アビリティ3(Eキー/L1):木の葉返し:必殺技を含めたあらゆる攻撃を弾き返す。
必殺技・ULT(Qキー/△):龍撃剣:一定時間、強力な刀で近距離攻撃する。
常時使える技(スペース):壁登り:壁を登れる。
常時使える技(スペース2回):二段ジャンプ:二回ジャンプできる。
活躍できるまでの操作難易度 ☆☆☆☆
体力 200

性能
手裏剣:ダメージ28、弾数24、リロード1.5秒、連射0.94秒で3枚・0.73秒で3枚。
木の葉返し(E/△):効果時間2秒、クールダウン8秒
風斬り(SHIFT/R1):ダメージ50、クールダウン8秒、敵を倒すとすぐに使える。
龍撃剣(Q/△):ダメージ120、効果時間6秒、連射1.83秒に2回。

バランス調整
・近接キャンセル不可に。
・龍撃剣の時間が8秒から6秒に。
・二段ジャンプ→壁のぼり→二段ジャンプができなくなった。

コンボ
・コンボ1:近距離で「手裏剣2→手裏剣2→風斬り」 / 84+84+50=218
・コンボ2:「手裏剣1→風斬り→近接攻撃→手裏剣2」 / 84+50+30+84=248
・コンボ3:「手裏剣1→風斬り→手裏剣2→木の葉返し→手裏剣2→近接攻撃」 / 84+50+84+α+84+30=332+α

コンボ1は敵の背後を取ったとき、サポートを倒すのに有効。全て当てる必要があるものの、二発目の隙を風斬りでキャンセルすれば、素早く倒せる。コンボ2はプロもよく使う基本コンボ。体力200の敵なら、手裏剣を1つ外しても倒せる上、比較的簡単。コンボ3は手裏剣の隙を木の葉返しでキャンセルしつつ、木の葉返し後にすばやく手裏剣を投げることで連続した攻撃が出せるコンボ。

TIPS
・木の葉返しは壁のぼりで途中キャンセルできる。
・風斬りのスキルリセットは自分がとどめを刺す必要はなく、キルログが出れば再度使える。
・ザリアの必殺技にかかっても、風斬りで抜けることができる。必殺技を発動して風斬りを復活させ、抜けることも可能。

プロの動画を見る


SEAGULL
SHADDER2K
ShadowBurn
Overwatch Master

時間はかかるが、プロの動画を見て真似するのが上達への近道。初心者の人には基本に忠実なSHADDER2Kが一番いいかなと思う。

まとめ

色々書いたが、ゲンジを使いこなすにはそれ相応の時間がかかるので、地道にやっていくしかない。一見立ち回りキャラに見えるが、実はAIMがかなり重要なキャラ。手裏剣の精度、振り向いて敵に一瞬で合わせるAIM、必殺技時に敵を一瞬で見つける反射神経など、要求されるものは多い。しかし、使いこなせればかなり強力なキャラクターなので、初心者の人は「自分には向いてない」と早期にあきらめず、何度もトライしてほしい。個人的にこのキャラはオーバーウォッチの中で一番かっこいいと思う。忍者+サムライ+サイボーグという夢のような日本のキャラクターを生み出したブリザードは素直にすごい。Let’s Try!

 - Overwatch 攻略

adsense3

adsense3

  • Twitterでつぶやく
  • twitter_profile

いつもありがとうございます。あなたのTweetがこのブログの原動力になります。

  • rss120
  • feedly120
  • facebook_150
  • google120

2017年もどんどん更新していきます。Fbは韓国AVA、G+は記事のまとめ。

Message

  関連記事

Overwatch 初心者おすすめ強キャラ・全アビリティ性能一覧

今回はチーム対戦型FPS「Overwatch(OW)」の初心者おすすめキャラと、 …