厳選!intel対応おすすめCPU 2選!

おすすめ自作PC

今回はIntel対応のおすすめCPUを価格別に紹介する。3万円クラス、5万円クラスの2つに厳選したので、予算に応じて選んでほしい。AMD対応のおすすめCPUも執筆しているので、下記も参考にしてほしい。

厳選!AMD対応おすすめCPU 4選!

CPUの選び方

CPUは予算と使い方によって選ぶことになる。一般論で言うと、動画編集、ゲーム配信などは多コアのマルチスレッドが有利。単にゲームをプレイする上で重要なのはひとつのコアがどれだけ高い周波数を出せるか(シングルスレッド性能)が重要と言われている。言い換えるなら動画編集も配信もしないのであれば、そこそこのCPUで十分と言える。

予算と用途が決まれば、次はIntel製かAMD製かを選ぶことになる。ここ最近ではAMDのCPUの方が優秀という検証結果が出ていて、特にこだわりがなければAMDを選ぶといい。ただ、ずっとIntel製を使ってきたので慣れているIntelを使いたい、昔のソフトを動かすのでAMDはちょっと不安、仕事に使うならIntelという人もいると思うので、そういった人はIntelを選ぶといい。

AMD Ryzenの特徴
〇多くの人におすすめ。最新のRyzen 5000シリーズは同価格帯の対抗馬であるIntel Core 第11世代よりも消費電力がかなり低いわりに、性能は同程度。
〇マザーボードの規格が変わる周期が長いため、長く使える。
×昔はソフトウェアやドライバが弱く、あまり普及していないソフトなどは動かない、ドライバのアップデートが上手くいかないことがあった。昔のソフトやゲームはAMDだと動かないこともごく稀に発生するかもしれない。

Intel製の特徴
〇仕事で昔のソフトを使う、昔のゲームをする、トラブルが嫌な人におすすめ(解決方がネットによく載っている)。
〇最新のCore 第11世代は同価格帯である対抗馬のRyzen 5000シリーズよりも消費電力は大きいものの、性能差は同程度。
×マザーボードの規格が2年ごとにすぐ変わるため、使い回ししにくい。

コスパ魔神

29,000円~
Intel Core i5-11600K

Intel Core i5-11600K / Intel Core i5-11600KF

コストパフォーマンスに優れたIntel製のミドルレンジCPU。ライバルであるRyzen 5 5600Xとほぼ同じ性能を持つので、最新のゲームでも超快適にプレイできる。また、マルチスレッドを活かした動画編集や画像編集もできるので心強い。売れ筋のRyzen 5 5600Xよりも低価格になりやすいので、生粋のIntel信者にぴったりだ。オーバークロックに対応しているので、性能アップも見込める。このクラスのRyzenにはない冷却ファンも付属している。ただし、消費電力は高いのでそこだけは我慢する必要がある。

特徴
〇Intel製としてはコストパフォーマンスが高い。
〇オーバークロックできる。
〇付属として冷却ファンがついている。
〇内蔵GPUがある。ただし末尾がFのモデルはなし。
×同価格帯のRyzen 5 5600Xと比べると消費電力が高い。TDP 65Wに対してこれはTDP 125Wもある。

ベンチマーク
マルチスレッドについて、同価格帯の対抗馬であるRyzen 5 5600Xとほぼ同じ性能。ワンランク上のCore i7 11700KとRyzen 7 5800Xはこれよりも1.35倍の性能を持つ。2世代前のCore i7-9700Kと比べると1.22倍。4世代前のCore i7 7700Kと比べると1.86倍、5世代前のCore i7 4790Kと比べると2.28倍。シングルスレッドについて、格上のCore i7 11700K、Ryzen 7 5800X、Ryzen 9 5900Xに匹敵する。Intel製の2、4、5世代前のCPUには1.2倍~1.5倍の性能がある。

・CineBench マルチスレッド:11280
・CineBench シングルスレッド:1560

製品仕様
6コア、12スレッド。開発コードネームはRocket Lake。製造プロセスは14nm。ソケットはLGA1200。定格クロックは3.9GHz。ブーストクロックは4.9GHz。オーバークロック対応の倍率ロックフリー仕様。内蔵GPUはIntel UHD Graphics 750。キャッシュは12MB。メモリコントローラはDDR4-3200MHz。PCIe 4.0対応。TDPは125W。付属の冷却ファンあり(PCG 2019A)。

ハイエンドの星

49,000円~
Intel Core i7-11700K

Intel Core i7-11700K / Intel Core i7-11700KF

きらりと輝くハイエンドの星とも言えるCPU。Intel製のほぼ最上位とも言える製品なので、一般向けのみならずプロゲーマーや動画クリエイターにおすすめ。実はこれよりも上位のi9-11900Kと同じコア数スレッド数で、価格差が大きいわりに性能は一割ほどしか違わない。そういう意味では割高になりがちなハイエンドの中でもコスパがそれなりに高い方と言えるのである。OCで性能を伸ばせる上にRyzenには付属していない冷却ファンもきちんとついている。性能はライバルであるRyzen 7 5800Xとほぼ一緒だが、消費電力が高いのがマイナスポイント。

特徴
〇格上のi9-11900Kと同じコア数スレッド数で性能差は1割程度しかなく、intel製としては性能が非常に高い。
〇オーバークロックできる。
〇付属として冷却ファンがついている。
〇内蔵GPUがある。ただし末尾がFのモデルはなし。
×同価格帯のRyzen 7 5800Xと比べると消費電力が高い。TDP 105Wに対してこれはTDP 125W。

ベンチマーク
マルチスレッドについて、同価格帯の対抗馬であるRyzen 7 5800Xとほぼ同じ性能。ワンランク上のCore i9 11900Kはこれよりも1.07倍、Ryzen 9 5900Xはこれよりも1.43倍の性能を持つ。ひとつ下のランクにあたるRyzen5 5600XとCore i5 11600K比では、1.35倍の性能を持つ。シングルスレッドについて、格上のRyzen 9 5900Xに匹敵する。一方で格下のRyzen 5 5600Xとはあまり変わらない。

・CineBench マルチスレッド:15010
・CineBench シングルスレッド:1570

製品仕様
8コア、16スレッド。開発コードネームはRocket Lake。製造プロセスは14nm。ソケットはLGA1200。定格クロックは3.6GHz。ブーストクロックは5.0GHz。オーバークロック対応の倍率ロックフリー仕様。内蔵GPUはIntel UHD Graphics 750。キャッシュは16MB。メモリコントローラはDDR4-3200MHz。PCIe 4.0対応。TDPは125W。付属の冷却ファンあり(PCG 2019A)。

ノミネート製品

Intel Core i9-11900K / Intel Core i9-11900KF:Intel製CPUの最高峰ではあるものの、Core i7-11700Kと同じ8コア、16スレッド。性能差は1割ほどしかないのに、価格は大幅に上がるため、今回は選定を見送った。

NUKKATO大賞!

Intel Core i5-11600K / Intel Core i5-11600KF:コスパに優れたCPUならこれ!
Intel Core i7-11700K / Intel Core i7-11700KF:ハイエンドなCPUがほしいならこれ!