Windows 7/vistaで起こるゲームに不利な3フレーム遅延の解消対策

FPS設定

3frame-delay

今回はWindows 7/vistaで起こる3フレーム遅延を解消する設定。

Windows 8では現在のところ、3フレーム遅延を消すことができません。

3フレームとは

そもそも3フレームとはどれくらいなのかというと、60Hzの液晶を使っている人で0.05秒くらいです。

初期設定でWindows7/vistaを使っている人は、常に0.05秒くらいWindows XPやこの設定をしている人よりも遅く見えてしまうということです。

なんだたったの0.05秒かよ思うかもしれませんが、FPSなどのゲームにおいてはかなり大きいですよ。絶対実感できるスピードです。

NVIDIAの設定

Nvidiaのビデオカードを使っている人の場合。

①Nvidiaコントロールパネルを開く。デスクトップを右クリック。

②「3D設定の管理」→「グローバル設定」

③「レンダリング前最大フレーム数」の値を1に設定する。

以前は0にすることもできましたが、0だと重くなったり逆にパフォーマンスが落ちるので1が最低値になりました。1推奨。

AMDの設定方法

①CCC(Catalyst Control Center)を開く。デスクトップを右クリック。

②一番下の[情報]→[ソフトウェア]をクリック。

③[2Dドライバーファイルのパス]の欄を見て

/REGISTRY/MACHINE/SYSTEM/ControlSet001/Control/CLASS/ここの英数字/0000
英数字と書いたところをメモします。

④デスクトップ左下のウインドウズ開始のボタン→プログラムとファイルの検索にregeditと入力

⑤HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/ControlSet001/Control/CLASS/メモした英数字/0000/UMDまでクリックしていく。

UMDというファイルの中にFlipQueueSizeというものがあるのでこれを30 00に書き換えれば完了。

この他にもATI Tray Toolというものを使って設定できますが不具合が多く、インストールしなくてはいけないのでオススメしません。

Windows Aeroを切る

あわせてAVAが起動したときにWindows Aeroを切るように設定しましょう。これはAMD・Nvidiaどっちのビデオカードを使ってても共通です。

①ローカルディスクC:/GameOn/Alliance of Valiant Arms/Binaries/AVA.exe

②AVA.exeを右クリックしてプロパティを開く。

③[互換性]→デスクトップコンポジションを無効にするにチェック。

これでAVAが起動したときだけWindows Aeroが無効になり、3フレーム遅延が解消します。