BenQ XL2411T、144Hzモニタの性能

120Hz~144Hz~240Hzモニター

xl2411t2
BenQ XL2411T

海外で人気のBenQ XL2411Tがついに日本でも発売しました。BenQ公式より。

特徴

・液晶パネルは24型のノングレアでTN

・解像度は1920×1080で、アスペクト比16:9

・輝度は350 cd/m2でかなり明るい

長所

・リフレッシュレート144Hz

・応答速度は1ms(GtG)

・目が疲れにくいフリッカーフリーバックライト

・暗い場所も明るく表示して見やすくするBlack eQualizer機能

・FPSモードを搭載しており、FPS1がCS1.6、FPS2がCSSに最適化されている。

・NVIDIA® 3D Vision™ 2 readyに対応しており、3Dメガネを購入すれば3D立体視を体験できる。

・LightBoostに対応しており、設定次第で動いているものをより見やすく、残像がなくなってくっきり見えるようにできる(CRTモニタ並)。

短所

・視覚野がせまい (現状の144Hzモニタは全て)

・画面が明るすぎる (普段はエコモード推奨)

BenQ XL2420TEとの比較

XL2411TはXL2420TEの機能を削って値段を安くしたものです。

何が違うのかというと
・簡単にFPSモードやエコモードに切り替えられるS.Switchというマウスくらいのスイッチがない

・接続端子がHDMI v1.4、DVI-DL、ミニD-sub15ピンしかない

などが挙げられます。

スペック表

benqxl2411t2

まとめ

一時期は日本で発売されることはないと言われたBenQ XL2411Tが選択肢として増えたことはいいことです。

FPSの世界大会でも使われるほど信頼されているBenQ製の144Hzモニタを、少しでも安く欲しいと思う人におすすめです。