OVERWATCH SIGMA(シグマ)コツ・攻略・TIPS・立ち回り

Overwatch 攻略

オーバーウォッチのタンクであるシグマのコツやTIPSをまとめた。

移動できる盾が大きな強み

シグマの最大の特徴は何といっても動きながら展開できる盾である。これまでの盾キャラであるラインハルトやオリーサはどっしり構えることは得意だが、ちょこまか動きながら盾を展開することは難しかった。これができるようになったのがシグマである。不要になったら盾を引っ込めることができるから、前線を押し上げやすいし、守りなら方向転換や身を引くのもやりやすい。連射力が低いながらもメインの攻撃は当てればけっこう威力があるし、ちょっと離れた敵にもダメージが与えられる。アビリティでスタンができたり、攻撃を吸収もできるので味方を守れる。さらに超強力なアルティメットも持っている新感覚のタンクヒーローだ。立ち位置としてはメインタンク寄りのサブタンク。

基礎能力とアビリティ

この情報はシグマ初登場のPTRでの性能(2019/8/5)である。時間が経てばアップデートにより変更があると思われる。

基本情報
分類はタンク。体力は300。シールドは100。基礎体力はザリアよりも柔らかい。ただキネティックグラスプにより、最大体力は800になる。アルティメットは4.34秒につき1%溜まる。

ハイパースフィア
Hyperspheres=メイン武器(左クリック)。壁や床で跳ね返る2つの重力チャージ弾を発射し、範囲攻撃する。弾が当たると敵を中央に少しだけ引き寄せる。ヘッドショット判定なし。直撃ダメージは1個で60、2個当てれば120。範囲ダメージは10~35。自爆ダメージは2~8。範囲ダメージは半径3m。連射速度は1.5秒に2発。射程距離は20m。弾速は50m/s。弾薬は無限。

エクスペリメンタル・バリア
Experimental Barrier:盾アビリティ(右クリック長押し)。浮遊するバリアを自分の好きな位置まで前進させる。バリアはいつでも解除可能。右クリックを長押ししている間に盾が前進し、離すと止まる。もう一度右クリックを押すとしまうことができ、耐久値も維持できる。耐久値は1500。バリアは1秒につき175だけ回復する。バリア展開まで0.2秒かかる。破壊されると5秒間のクールダウンが発生する。射程は無限。射出スピードは16m/s。シグマが死亡するとバリアは壊れる。高さ4.5m、横幅5mのバリア。地面に向かって投げると地面に沿って移動する。

キネティック・グラスプ
Kinetic Grasp:吸収アビリティ(左SHIFT)。敵の攻撃を吸収してシールド(体力)に変換する。受けたダメージの40%だけシールドを増やせるが、最大でも400までしか増やせないので、最大体力は800になる。効果時間は2秒間。クールダウンは13秒。基本的にはDVAのディフェンスマトリックスと同じ判定だが、ロードホッグのチェインフックとブリギッテのウィップは防御可能。

アクリエーション
Accretion:攻撃アビリティ(Eキー)。大量の瓦礫を敵に投げてノックバックさせ、しばらく行動不能にする。敵が離れていればいるほど行動不能時間は長くなり、最大距離なら3秒間行動不能にできる。近距離の敵にあてても行動不能時間は短い。岩は重力でやや落ちる。ゲンジの木の葉返し、DVAのディフェンスマトリックス、シグマのキネティックグラスプを無視できる(消されない、返せない)。直撃ダメージは80。範囲ダメージは15~50。自爆ダメージは7~25。発動中は移動速度が75%落ちる。効果範囲は半径2.5m。発射まで0.75秒かかる。クールダウンは10秒。射出スピードは37m/s。

グラビティ・フラックス
Gravitic Flux:アルティメット(Qキー)。空を飛んで範囲内の敵を上空に浮遊させて地面に叩きつける。浮遊ダメージは50、地面に叩きつけたときは敵の体力の50%を与える。効果範囲は半径7m。発動まで1.3秒かかる。空中に上がって5秒間は範囲選択できる。敵を浮かせる時間は2秒間。最大射程距離は35m。アルティメットコストは2170ポイント。メテオストライクと同様に敵にも効果範囲が表示される。タレットなどのオブジェクトには影響しないが、バスティオンのセントリーモードは浮かせられる。モイラのフェードやリーパーのレイスフォーム以外の移動スキルは全て使用不可になる。発動前にスタンやハックをされると中断されるが、一度浮いてしまえば必ず落下させられる。落下ダメージはブリギッテのラリーなどによって増えたHPも加算した総合体力の半分のダメージを与える。浮遊ダメージはアナのナノブーストなどによって威力が上がるが、落下ダメージは固定の50%。シグマは空中に浮きあがった敵にメイン攻撃だけできる。

高火力だがAIMが一番必要なタンク

初めてシグマを使った感想は、強いけどめちゃくちゃAIMが必要なキャラクターだなと思ったのが正直なところ。止まっている200HPの敵にはメイン攻撃とアクリエーションのコンボで確殺できるかわりに、動いている敵やちょっと離れている敵にメイン攻撃やアクリエーションを当てるのはなかなか難しい。どちらの攻撃も発射してから届くまで時間がかかるため、敵の動きを予想しないといけないのだ。またメイン攻撃は直接狙うよりは地面に向かって反射させた方が当てやすいので、昔のハンゾーの拡散矢のように地面や壁を狙うという状況が多くなってくる。高所や壁裏に隠れている敵にもダメージを与えられるというのは面白い性能と言えるだろう。

盾をどの位置に出せばいいのか、というのもセンスがいるし状況によっては難しいので咄嗟の判断も迫られる。公式でも高難度の星3ヒーローとして紹介されているが、AIMが一番求められるタンクという意味では一番難易度が高いと思う。逆にAIMがある人が使えば単独で1キル取ることも可能なので、DPSに限界を感じた人が乗り換えるヒーローとしても選択肢に入ってくるだろう。6連オーブで狙うゼニヤッタのような感じ。

攻撃スキルであるアクリエーション、防御スキルであるキネティックグラスプはどちらもクールダウン時間が長い。むやみやたらに使うのは良くないのでタイミングをきっちり見極めよう。特にアクリエーションは直撃させれば味方と合わせることで敵を一瞬で倒せる可能性があるため(カウンターウルトの阻止)、味方のアルティメットやダイブに合わせるなど工夫しよう。

使い始めて最初は意外とメイン攻撃の射程距離が短いなと感じた。遠距離の敵には岩を投げるしかないのでちょっと暇な時間が多いイメージ。そしてバリアのしまい忘れが多く、耐久値が全然回復しないということが発生した。しかし便利だなと思ったのはやはりバリア。近距離で出してガンガン前に出られる。吸収スキルは便利だが、攻撃に夢中で慣れるまで使うことを忘れることも。これらは使い始めの感想なので、あるある初心者ネタとして思ってくれれば。慣れればこういったことは起きないだろう。

コツ・TIPS

・メイン攻撃は地面や壁に反射させると当てやすい。
・止まっている200HPの敵にはメイン攻撃2発とアクリエーションのコンボで確殺できる。
・シールドは使っていない時だけ回復する。しまい忘れるとずっと回復しない。
・ザリアのグラビトンサージやメイのブリザードなどはキネティックグラスプで吸収できるので狙っていく。
・キネティックグラスプの使い方はザリアの自分に張るバリアのような使い方を意識するといい。攻撃が集まる所に展開して吸収するか、味方を守るために使う。
・オーバータイム中にグラビティフラックスを使えば敵をペイロードから離して勝利できる。
・グラビティフラックスで浮いているDPSやヒーラーを率先して狙う。
・グラビティフラックスのカウンターとしてルシオのサウンドバリアやゼニヤッタの心頭滅却がある。敵がアルティメットを持っている場合は先に倒すか、防がれること前提で攻撃系のアルティメットを一緒に使わず、一度消費させてから、別のアルティメットで追撃するなど工夫する。
・アクリエーションの重力による岩の落ち方は独特なので事前に練習しておく。
・バスティオンにアクリエーションを当てるとセントリーモードを解除できる。

苦手、不利なキャラクター

・メイン攻撃が当てにくいゲンジ
・防御手段がないドゥームフィスト
・火力と体力があるロードホッグ
・シールドで防げないウィンストン

長所

〇バリアを自由に展開できる。
〇火力が高い。体力200の敵なら確殺コンボあり。
〇敵のアルティメットを吸収できる。味方を守れる。
〇敵を行動不能にできる。
〇アルティメットが最強クラス。

短所

×メインや攻撃アビリティを当てるのが難しい。連射力がないのでAIMが必要。
×機動性がない。遅い、逃げるスキルがない。

ストーリー

・名前:シーブレン・デ・カイパー
・年齢:62歳
・職業:天体物理学者
・活動拠点:オランダのデンハーグ(旧拠点)
・所属:タロン、「宇宙には、君に理解してもらう義理はないのだよ」

天才的な天体物理学者、シーブレン・デ・カイパーの人生は、ある実験の失敗をきっかけにすっかり変わってしまった。その失敗によってもたらされた重力を操る能力のために、今ではタロンの目論みに利用されている。デ・カイパーはその研究分野における先駆者であった。彼のライフワークは重力を制御する方法を突き止めること。その革新的な研究と型破りな性格で知られ、デン・ハーグにあるラボで研究のほとんどを行っていた。彼は人生をかけた目的を達成するまであと一歩であると信じ、国際宇宙ステーション内で最も重要な実験をついに実行に移した。

ところがその最中異変が発生し、簡易的なブラックホールが形成された。デ・カイパーがその力に触れたのは一瞬だけだったが、彼は精神に深いダメージを負うこととなった。以来、周囲で重力が歪む奇妙な現象が起き、彼の反応に合わせて物が浮いたり落ちたりしはじめた。彼はすぐに周囲からの隔絶を余儀なくされた。地球への帰還後、デ・カイパーは政府の極秘施設で隔離された。宇宙の法則について妄言を発するだけでなく、デ・カイパーが受けた精神的ダメージ、周囲で発生する不可解な重力変化のせいで、彼は危険な存在だとみなされたのだ。そうして彼は、「被験体シグマ」として何年も拘束されることとなった。そして力をコントロールできない孤独な状況の中、デ・カイパーは自分の殻に閉じこもっていく。彼はもう二度と、外の世界には出られないと考えていた。

デ・カイパーの存在を知ったタロンは、その才能と研究を組織の計画に利用するため、施設に侵入してデ・カイパーを連れ去った。身柄は拘束されたままであったが、そんな中デ・カイパーは徐々に力をコントロールできるようになっていった。やがて自在に重力を操れるようになった彼は、かつてないほど人生の目標へと近づいていった。だが同時に、力を解き放つ引き金となった実験は彼の精神さえも分裂させた。彼はそれをつなぎとめるのに必死であった。デ・カイパーは宇宙の真理を解明するため、今なお力を成長させ続けている。彼の力と研究を利用しようとするタロンの目論みには気づかずに…

攻略動画

日本人による紹介動画(TQQ999氏)。プロのプレイ動画が出回りはじめたら載せる予定。

まとめ

シグマは強力なアビリティを持つタンクだ。特に超強力なアルティメットはゲームを動かせるほど火力が高いので、キャリーも十分できる。ただし、タンクの中で一番AIMが求められるキャラクターなので得手不得手が大きいのも事実。使っていて面白いキャラクターなのでぜひ試してみてほしいが、絶対にいないといけないわけでもないので、自分に向いてないと思ったら切り捨てる勇気も必要だと思う。