らくらく高画質配信ツール Live Gamer HD AVT-C985

ゲーミングデバイス

avermedia
AVT-C985 ハードウェアエンコーダ搭載でゲーム実況をらくらく高画質配信

Live Gamer HD AVT-C985という、ゲームをサクサク高画質で録画や配信できるツールを紹介。AVerMedia公式より。

ハードウェアエンコーダ搭載でCPU負荷を軽減するので快適にプレイできます。

最近にこ生やUSTREAMで配信するときに重いなぁって感じてる人や、クラン戦を録画したいんだけど重いからできないって人におすすめ。

配信したいけどゲームが重くて配信できないよっていう人にもおすすめ。FPSが出にくいBF4などの重いゲームも配信しやすくなります。

AVT-C985のスペック/仕様

3_20130122204341.jpg

DVI→HDMIケーブル、HDMI→DVIケーブルが付いてる。デュアルモニター対応。XBOX360もOK.

H.264のハードウェアエンコーダを搭載。niconico・TwitchTV・Ustream・own 3Dでライブ配信する際にCPU負荷を軽減します。

c985_intro01.jpg

付属の専用ボタンを押すだけで簡単に録画。

c985_intro02.jpg

配信用にPCをもう1台用意する必要はない。

c985_intro03.jpg

録画と同時に音声も記録可能。

c985_intro04.jpg

RECentralという独自のゲームキャプチャー専用ソフトが付属。

c985_intro05.jpg

XSplitとの連携が可能で、これを購入すれば一緒にXSplitの有料版が3か月分ついてきます。

ちょっと前まではビットレートの下限が1000kbpsまでしか設定できなくて、にこ生の配信に使えなかったようですが、今は300kbpsまでに対応してできるようになってます

この図ではグラフィックボードとAVT-C985を接続→AVT-C985とモニターをHDMIで接続っていう形なので、120Hzでゲームをプレイできないように思えますが、AVT-C985でキャプチャーしない場合は120Hzでゲームがプレイ可能なようです。

具体的にはAVT-C985をエンコードのみで使用し、Xsplitを配信ツールとして設定すれば120Hzが出る。

わざわざAVT-C985とグラボおよびモニタを接続する必要はないってこと。

注意点としてはUstreamなど高ビットレート可なら画質が綺麗だが、にこ生などビットレートが制限される場合は画質がちょっと劣ること。

現状はXSplitのゲーム用プリセットのほうが画質が良いです。今後のアップデートに期待。