ゲーミングデバイスを買う前に行っておくべき3つの場所

ゲーミングデバイス

gamer2

マウス、ヘッドセッド、キーボードはPCゲーマーがこだわるべき3つのアイテムです。

これらは手や頭の形によって合う合わないがあるので、デバイスを買う前に実際に触ってみたほうが絶対いいです。

持ちやすさや肌触り、付け心地など自分にあったゲーミングデバイスを選びましょう。

今回はそんなゲーミングデバイスが店頭で実際に触れる場所を紹介します。

おすすめゲーミングデバイスショップ

ark 秋葉原店

ark
(画像は秋葉原新聞より)

PCゲーマーが秋葉原にいったら絶対によるべきお店です。

ゲーミングマウス、マウスパッド、ヘッドセット、キーボードなどなど現在主流のゲーミングデバイスをほぼ全て触ることができます。

特にマウスとマウスパッドは種類が多いです。試せるだけ試しましょう。


大きな地図で見る

ただ一つ、重大な欠点が。この店にたどりつくまでが大変です。ただでさえ秋葉原駅に行くのってだるいのに、そこからちょっと歩く必要があります。

路地みたいな場所に入らなくちゃいけないので、はじめていくときは本当にこんなところにあるのか?ってなります。

そして店頭が狭い。マウスを試そうにも、お試しコーナーが狭すぎて客でギュウギュウです。立地と面積はもうちょっとどうにかならないのか。

でもゲーミングデバイスを触るのは、この店一つだけ回れば十分なのでそこが大きなメリットですね。

ビッグカメラ

ビーックビックビックビックカーメラ。

先日、ビックカメラ新宿店に行ったら予想以上の品揃えでビックりしました。

bigcamera

中でも驚いたのが、PC350とPC360が試着できるってこと。なかなか置いてないです(arkにはあるけども)。なかなかやりおるビックカメラ。

マウスの量も予想以上に多かった。ただ一つ一つのスペースは小さく、マウスパッドもありません。持ちやすさなどを見る分にはいいでしょう。

東プレのキーボードもあったし、エイリアンウェアーのPCなんかもありました。新宿店で確認。

ヨドバシカメラ

カメラのヨドバシカ、メ、ラ~
yodobashi

ヨドバシカメラ新宿店。こちらも、予想以上の品揃えでした。ヨドバシはマウスのスペースが広いので試しやすいです。

キーボードやヘッドセッドも豊富でした。

ビックカメラにはないDHARMA POINTのマウスが使えるのもいいですね。ただヨドバシにはZOWIEのマウスとPC350がなかったですね。(僕が見た限りでは)

ショールーミングは悪いことではない

店頭で実物を見て、感触を確かめた後に、比較的値段が安いネットで買うことをショールーミング(Showrooming)といいます。

誰だって同じ商品ならより安く買いたいし、重い荷物を持ちたくはないです。当然の消費者心理と言えます。

値段が違うようならネットで買っちゃっていいと思います。amazonなら基本送料無料だし、他のネットショップも送料無料が増えてきました。

店頭で気になる商品があったら、スマホで調べてみるのもアリだと思います。

まとめ

一番いいのは、東京の秋葉原にいってarkなどのPCショップを回ること。確実に自分にあったゲーミングデバイスが手に入るでしょう。

ただPCゲーマーは全国にいるわけで、なかなか東京に来る機会がない人もたくさんいると思います。

そういう人は、近くのビックカメラやヨドバシカメラをのぞいてみたらいいです。

店舗によって差はあるでしょうが、ちょっとしたデバイスコーナーくらいはあるはず。

新宿をよく利用する人はビックカメラとヨドバシカメラ、どっちも行ってみることをおすすめします。

新宿駅は世界一利用する人が多く、乗り換えで外に出ても料金が変わらないことが多いでしょう。

自分にあったゲーミングデバイスは探すのも楽しいし、自然と愛着もわいてきます。暇があるときに行ってみては。