144Hz モニタ- BenQ XL2420TE

120Hz~144Hz~240Hzモニター

BenQ-XL2420TE.jpg

BenQ 24型 XL2420TE

前モデルの人気120Hzモニターである、BenQ XL2420Tが性能アップした形です。

長所

・リフレッシュレート144Hzで、ゲーミングモニタとしては現状最高スペック

・応答速度 1msと非常に速い

・FPSゲームをするにはちょうどいい大きさの24型

・目が疲れにくいフリッカーフリーバックライトを採用

・暗くて見えづらい場所を明るくするBlack eQulizer機能

・ワンタッチでFPSモードにできるS.Swith

などFPSゲームをするには最適なゲーミングモニタになっています。

短所

・値段が高い

・視覚野がせまい (現状の144Hzモニタは全て)

・画面が明るすぎる (普段はエコモード推奨)

ほぼ同じスペックのASUS VG248QEが2013/9/17時点で1万円ほど安いです。

ただでさえ高いゲーミングモニタの中でも高い部類に入るので、ちょっと手が出しにくいですね。

ただASUS製のモニタには目が疲れにくい液晶パネルや、暗いところを明るく表示するBlack eQulizer機能、簡単にFPSモードにできるS.Swithなどがついていないので、これらの性能が欲しい人には最適なモニタになります。

視覚野に関しては144Hzモニタ全てに対して言えることです。

現状の144HzモニタはTNパネルという液晶パネルを使っており、応答速度やリフレッシュレートを高くしやすいかわりに、視覚野が狭くなっています。

輝度が350cd/m2ということで通常モードだとかなり明るくて、目が疲れます。エコモードで暗くしてもけっこう明るいです。ゲームをやるときは明るく、普段使いはエコモードがおすすめです。

スペック

画像はBenQ公式より。
spec
・解像度は1920×1080で、アスペクト比16:9

・液晶パネルはTNで、ノングレア

・応答速度1msというのは最速値で、GTG(中間階調応答速度)の値である。GTG以外は5msと普通

・本体は3年保証、液晶パネルは1年保証

・画面を17型や22型などの大きさに変更可能

・FPSモードやRTSモードに変更可能

・省電力モードにより、いちいちモニタの電源を切らなくいい

・VESAマウントに対応しているので、様々なモニターアームを取り付け可能

・NVIDIA 3D VISIONに対応しているので、3Dメガネを買えば3Dでゲームができる。

まとめ

目が疲れにくい液晶画面やBlack eQulizer機能、S.Swithなどが欲しい人に最適な144Hzモニターです。