APEX LEGENDS 2000ダメージ出す方法と20キル出す方法

APEX LEGENDS WIKI 攻略情報, APEX LEGENDS 役立つ情報

APEX LEGENDSというゲームは、チャンピオンを狙うというよりは、キル数とダメージ数を競い合うゲームである。これは多くの人の共通認識となっている。なぜかというと、最初に表示されるバナーカードには2000ダメージを達成した証であるハンマーのバッジ、20キルを達成した証である骸のバッジなどがチャンピオン部隊として表示されるからである。これを自慢したいがためにみんなプレイしていると言っても過言ではない。では、どうしたら2000ダメージ以上、20キル以上を出せるのか考えた。

2000ダメージ出す方法

・ウィングマンを使う。これが一番重要。
・当たり判定の狭いレイス、バンガロール、ライフラインを使う。
・家からアイテムを漁らない。必要な物はキルをして死体箱から奪う。この精神もかなり重要。最初の激戦区はアイテムを家からかき集めるが、それが終わったら基本的に索敵と交戦を繰り返す。道中の家に入らない。銃声を聞けばすぐ向かう。
・船から降りれるようになったらすぐ降りて、一番手前か目の前に見える激戦区に降りる。もしくは砲台やスカルタウン、ホットスポットなど。

2000ダメージはある程度のFPS経験があれば、そんなに難しくはない通過点だ。特にウィングマンを使えるだけのAIMがあるのであれば、難しくはないはず。というのも、他の武器との難易度の差が明らかに激しいからである。ウィングマン以外で2000ダメージを取ろうとするとけっこう難しいのだが、翼人間なら4000ダメージだって夢じゃない。2000ダメージを目指しているなら絶対使ってみた方がいい。かくいう僕もウィングマンを使い始めて3日たらずで5人のキャラの2000ダメージを解放してしまった。実は僕は赤緑色覚異常で、ウィングマンの初期レティクルが見にくかったので最初の3週間くらいは使っていなかった。しかし、みんなが強い強い言うもんだから使ってみたらまじで化け物だった。モニターの調整をして、赤を見やすくできたことで、ばんばんダメージを稼げるようになったのである。弱体化した2019/3/15時点でもウィングマンは変わらず強い。全キャラ2000ダメージを目指してもいいのだが、当たり判定の大きいキャラは苦行になりそうなので後回しにしている。2キャラは2500ダメージに到達したので3000ダメージは頑張ればいけそうなのだが、4000ダメージは未知の領域。ソロスクワッドじゃないと厳しそう。

20キル出す方法

・ソロスクワッド(1人で戦う)を回す。
・デュオスクワッド(2人で戦う)を回す。
・序盤のキルが5キル未満なら即抜ける。
・ウィングマンを使う。

僕もまだ1ゲーム20キルを達成できていないので、考えた方法を列挙していくだけになってしまったが、バッジを取りたいという大義名分があるのでまだこのゲームを楽しくプレイできている。はっきり言ってこの1ゲーム20人キルというのはかなり難しい。プロゲーマーレベルの腕前が必要なことは想像に難くない。というか、敵の数が足りなさすぎるので運要素も大いにある(59人中、20人キルってそれもう3分の1やんおかしいよ)。序盤の戦闘で半分の30人くらいに減ってしまうので、いかに序盤を効率よく稼げるかが、勝負所となるだろう。そして2019年3月以降はチーターが多すぎて新たにバッジを取得するのが更に難しくなってしまった悲しい現実がある。

効率と楽しさのバランス

効率が一番いいのは言うまでもなくソロスクワッドだ。一回の戦闘で3キルと500ダメージは期待できるので7分隊を壊滅できれば悲願達成。なにも7分隊まともに相手をする必要もなく、漁夫の利で戦闘中のふたつの分隊を全員キルできれば一気に6キル。それを3回繰り返せば18キルだ。しれっとひとり混じっていると傷ついた敵を簡単に横取りできたりする。ただし、ソロスクワッドは一回倒されたら終わりなので、何よりもプレイヤースキルと根気が必要になる。1キルよりも自分の命のほうが重いので体力回復は最優先に。そういう意味ではバニーホップ回復は必須技術だ。黙々と回せる強者や配信者におすすめの方法となっている。僕はしゃべりながらじゃないと上手くできないのであまりやってない。ソロだと業者やチーターがめちゃくちゃいるのもかなりの障害となっている。アジア圏はチート天国で東京サーバーなどPingの低いところでは達成しにくいため、Pingが高い不利なサーバーでの戦闘を強いられるという苦行。

一番おすすめなのはデュオスクワッドだ。楽しく会話しながらできるので飽きにくく、作業感もあまりない。一対三はかなりしんどいが、二対三なら十分勝てる。1人が回復に入ってもカバーに入れるし、もしノックダウンしても起こせる。ひとりが達成できそうなゲームならもう1人は補助役に回るなど連携も取りやすい。効率と楽しさのバランスが取れた優秀な戦法だと思っている。野良の人がジャンプマスターになったら行先を指定しつつも、あらかじめ単独飛行をしておくといいだろう。また、ひとりで複数人を相手にするならウイングマンが一番いい。なぜなら圧倒的な機動性で被弾率が少ないから。そしてダメージ量もかなり稼げる。3000ダメージや4000ダメージも同時に狙っていこう。