OVERWATCH DOOMFIST(ドゥームフィスト)コツ・攻略・TIPS・立ち回り

オーバーウォッチ ダメージ

オーバーウォッチのDPSであるドゥームフィストのコツやTIPSをまとめた。

360度のAIMが必要

ドゥームフィストは向き不向きがはっきり分かれるキャラクター。というのも、このキャラクターは瞬間的な振り向きAIMが要求されるからである。高所からサイズミックスラムを当てるというのがその最もたるもの。180度振り向いた上で、近距離の動く敵にしっかりとAIMを合わせる必要があるため、ある程度のハイセンシでしかもAIMがよくないと使いこなせないキャラクターなのである。加えて覚えるべきことの多さは他のキャラクターよりも圧倒的に多い。練習マップで地道にエッジジャンプを練習して、強ポジションをたくさん覚えなくてはいけない。ただ、一度覚えて使えるようになると、対策が難しいキャラクターであるが故に無双できてしまう。180度振り向いても敵にしっかりAIMがあって、ハイセンシで、地道にポジションを覚える勤勉さを持ち合わせている人におすすめだ。

立ち回りもかなり難しい

シグマの登場から再び猛威を振るっているので、特にタンクやサポート専の人はこのキャラクターが大嫌いな人も多いだろう。しかし、DPS専の僕からすると「このキャラ強すぎだろ」と思うことはあっても嫌いにはならない。なぜかというと、使うのが非常に難しいからである。スキルをひとつ間違えると簡単に死んでしまい、戦犯となってしまう。何も考えずに突っ込むと、すぐに死ぬ。だから使い方によってはダメージキャラクターの中で一番死にやすいキャラなのである。このキャラは確かに強いが、使っている本人もAIMが良くて冷静で待つことができる強い人のことが多い。だから納得している。実際、周りにドゥームフィストが使える人は少ないはずだ。

タンク同士の当たり合いまで待て

視覚外からの攻撃ができる時や、高所からの攻撃ができる時はそれが一番いい。だからドゥームフィストは圧倒的に守りの時が強い。DORADOやHANAMURAなんかは高台が多いのでコンボを決めやすいし、帰りも苦労しない。しかし、攻撃側となると話が全く違ってくる。正面から突っ込んでフォーカスを受けるとすぐ死んでしまう。だからタンクをエサに、味方を盾に、常に味方が前にいる状態を意識した方がいい。そして曲がり角や狭い場所などチョークポイントと呼ばれる敵味方のタンク同士の当たりあいの時に初めて前に出る感じだ。そうすれば、フォーカスが分散するし、回復も入りやすいのでキルも取れるし、逃げやすい。いかにフォーカスを浴びないか、味方を使っていくかがドゥームフィストを使いこなすために必要なのだ。脳筋バカは使えない、頭が良くないとこのキャラは使いこなせないのである。

必須技術

この3つの技術はドゥームフィストを扱う上での必須技術となる。ライバルプレイに入る前には必ずマスターしないとチームメイトに迷惑がかかるので絶対練習しておこう。

・パンチジャンプ(動画):ロケットパンチの途中でジャンプすることによって、スピードを保持したまま遠くへ飛べる。やり方は簡単でロケットジャンプ中にジャンプボタンを押すだけ。パンチはキャンセルされてダメージがなくなる代わりに驚くほど進める。2段階溜めからのジャンプが簡単なので初心者はここから始めて、最大チャージジャンプが確実にできるまで練習しよう。これができるだけで10メートルは稼げる。
・ターンパンチジャンプ(動画):パンチジャンプの応用。ジャンプによってロケットパンチをキャンセルすることで、多少の方向転換ができるようになる。やり方はWを押したまま、ジャンプのタイミングで横を向くだけ。左右のキーを押す必要はない。曲がり角でも素早く移動できるぞ。ちなみに敵にロケットパンチを当てた瞬間に横を向くことで、その方向にノックバックさせることができる(ターンパンチ・動画)。
・エッジジャンプ(動画):パンチジャンプの応用。岩や車の斜めの表面にパンチジャンプを当てることでピョーンと飛べる。ロケットパンチのクールダウンが短いことを利用して、ここからサイズミックスラム→ライジングアッパーカット→ロケットパンチという黄金コンボを炸裂させる。

なぜ?:パンチジャンプは物理エンジンの慣性によるもの。そのままの勢いを保持しようとするため、ジャンプすることにより進行を妨害されるものがなくなって実現される。エッジジャンプは2方向のベクトルが重なった結果、それがプラスされる現象。ロケットパンチという横方向のベクトルに、岩という縦方向のベクトルが追加された結果、斜めに飛ぶというわけ。なぜこんなにも飛ぶかと言うと、単純に縦方向の力が純粋に加わるからである。もともとあった横方向に縦が加わるために、ゲンジはあんなにも飛べたのだ(修正済)。昔からゲームではよくある現象で、カウンターストライクの高速はしご登りなんかもそう。

コツ・TIPS

・フォーカスされない立ち回りを心掛ける。攻撃では味方と一緒に進み、一人で突っ込まない。
・このキャラは乱戦の時が一番強い。味方が敵と当たり始めるまで待つことが大事。
・通常攻撃であるハンドキャノンはショットガン。アッパーの後に入れるのが一番強い。
・最前線ではなく、一歩引いてタンクの後ろからのパンチコンボが強い。
・オリーサのストップに合わせる。ザリアがいるなら多少の無理は効く。バリアをもらおう。
・とにかくヒットアンドアウェイを心がける。無理して突っ込まない。すぐ逃げる。
・空中状態を作り出し、サイズミックスラムが指定できるようにするのが基本。扇の攻撃範囲は広く、方向転換もできるので、扇の攻撃範囲にこだわらない方がいい。敵を見失うことが一番だめなので、しっかり敵にAIMを合わせて見続けよう。
・スキルが全て回復してから突撃する。焦らない。
・帰り道を考えておく。敵を倒せなくても生存することが非常に重要。
・壁に激突させられる所で待っている場合は、最初に出てくるタンクをスルーして確殺できる敵を狙うといい。
・狙う相手をしっかり絞る。ヒーラーやDPS、突っ込んできたタンクなど。
・基本は後述の高台コンボやパンチコンボを用いて、1キル取って逃げる。数的有利が取れたら、スキルを全部使って2、3キル取りに行くのも全然あり。

基本情報

・分類はDPS。体力は250。シールドは0~150。最大400。
・ハンドキャノン/Hand Cannon:ダメージは11×6。クールタイムは7秒。弾数は4。減衰なし。連射は1秒で3発。ヘッドショットあり。0.75秒で1回復。リロードは自動。
・サイズミックスラム/Seismic Slam:ジャンプして地面を砕く。衝撃は敵を引き付ける。ダメージは10~125。クールタイムは7秒。
・ライジングアッパーカット/Rising Uppercut:敵を上空にあげる。ダメージは50。クールタイムは7秒。スタンあり。
・ロケットパンチ/Rocket Punch:前方に超パンチ。ダメージは49~100。壁に叩きつけると追加で45~150。射程は10~23m。クールタイムは4秒。スタンあり。
・メテオストライク/Meteor Strike:ダメージは0~300。有効距離は7m。
・攻撃は最大の防御なり/The Best Defense…:敵にアビリティを当てるたびに35アーマーが付与される。アルティメットは75。最大150。1秒間で3減少。

コンボ

長くなるので略称にする。①ハンドキャノン(メイン武器)=ハンド、②サイズミックスラム=スラム、③ライジングアッパーカット=アッパー、④ロケットパンチ=パンチ、⑤メテオストライク=メテオ。

・高台コンボ:スラム→アッパー→ハンド3回→パンチで逃げる。
・パンチコンボ:パンチ→アッパー→スラムで逃げる。
・エッジジャンプコンボ:パンチ→スラム→アッパー→ハンド4回→パンチで逃げる。
・高速コンボ:スラム→ハンド1回(キャンセル)→アッパー→ハンド1回→パンチ逃げ。
・フルコンボ:スラム→ハンド1回(キャンセル)→アッパー→ハンド3回→パンチ。

ロケットパンチだけはクールダウンが4秒と異常に短いので、最初と最後に使える。特に逃げ足として使えるのが非常に大きいので、ハンドキャノンで仕留められなくても逃げ足用に残しておいた方がいい。また、パンチとアッパーはスタン効果があるのでそれを利用してメイン攻撃であるハンドキャノンを当てていくのが基本戦術。スラムとアッパーの間に通常攻撃を入れることはできるけれども、早くアッパーしないとスタン系の攻撃を当てられるリスクが高くなる。慣れるまではスラム後に即アッパーした方がいいと思う。レベルが上がれば上がるほどその一瞬が命取りになる。

各キャラクター対策

・敵のドゥームフィストがメテオストライクを撃った場所と同じ所に後で放てば簡単キル。
・ゲンジの木の葉返しはドゥームのアビリティを返せない。パンチ、アッパーカット、スラムで対応。
・マクリーのデッドアイはロケットパンチを当てることでスタンさせ、停止させられる。
・ファラはアッパーで上空にあがってから、ロケットパンチを直撃させる。もしくは、ファラと同じ高さからパンチで突っ込んでアッパーを当てて通常攻撃を当てる。難易度高め。
・トレーサーのパルスボムを張り付けられてもメテオストライクで回避できる。
・バスティオンはロケットパンチをしても吹っ飛ばない。これ重要。
・敵のジャンクラットのスティールトラップには注意する。
・トールビョーンのタレットはパンチとメイン攻撃4回で破壊する。
・DVAのメック召喚はパンチすればスタン効果で停止するのでタコ殴り。正面は無理だが横ならいける。
・ラインハルトがチャージしてきたらパンチでどちらもスタン。
・マーシーの蘇生に合わせてメテオストライクをすれば簡単キル。
・アナのスリープダーツは驚異。正面からのロケットパンチはなるべく避けたい。

相性が良くないキャラクター

シグマ登場後は、バリアを無視できて、シグマに刺さるから使われているだけだということを忘れない方がいい。相手がオリーサ、ロードホッグ、ファラ、ウィドウメーカー、モイラ、マーシーなんかだとかなりしんどくなる。刺さらないときは素直に変えた方がいい。

・ロードホッグ:フックにかかると死ぬ。オリーサのストップも脅威。
・マクリー:馬鹿正直に正面からいくとフラッシュバンで死。
・ウィドウメイカー:高台や長距離射撃で死。
・ソンブラ:ハックできる状態でガン待ちされるとしんどい。
・アッシュ:スラムをしてもショットガンで逃げられることが多い。
・ファラ:マーシー付きとなると、落とすのがかなりしんどい。
・ブリギッテ:スタン持ち。
・モイラ:スラムからのコンボを逃げられる。
・リーパー:回復持ち。スキルがない状態で粘着されると死。

GOOD

・4秒に1回、即死攻撃であるパンチが打てる。
・対策が難しい。視覚外からの攻撃はほぼ阻止できない。
・アビリティを当てることができれば非常に硬くなる。
・ULTIMATEを溜めやすくて強い。攻撃にも生存にも使える。
・乱戦がトップクラスに強い。
・機動性が非常に高い。復帰もトップクラス。
・ザリアと相性がいい。バリアを付けていけばスタンも怖くない。

BAD

・体が大きいため、被弾しやすい。
・スキルをミスすると簡単に死ぬ。スタンで動きが止まれば死。
・みんなが警戒しているため、フォーカスを受けやすい。

攻略動画

BRANDITO (RANK1 DOOMFIST)
CHIPSA (RANK1 DOOMFIST)

BRANDITO先生は多くのTIPS動画をあげているので、ドゥームフィスト使いなら必ず見た方がいい。2019年に一旦引退しているので、復帰を待つばかり。CHIPSA先生はめちゃくちゃな立ち回りをしているようで、実は理にかなった攻撃方法を行っている。常に横や背後などフォーカスを受けない位置から攻撃を行い、持ち前の凶悪AIMでなぎ倒している。

まとめ

ドゥームフィストは強すぎるとみんなが感じていて、トッププロのひとりもインタビューの中で修正が必要だろうとしゃべっていた。裏を返すと使いこなせれば簡単にランクがあがるということなので、今からでも遅くはない、練習してみよう。