AVA AK200 カスタム・レビュー

AVA武器

ak200-
AR/ユーロ/伍長1/7.62mm x 39

下方修正とタップ修正により、全盛期と比べるとかなり弱くなってしまいました。

AIMモードにしないとまともに集弾しないこともあり、使いにくいです。最初の1、2発で丁寧にヘッドショットを狙いましょう。

長所

威力の高さ、中~遠距離の優位性、伍長1から使えること。

短所

機動性、AIMモードにしないと集弾しない、近距離の扱いにくさ、視界のせまさ、被弾ブレ。

カスタム

基本的なカスタムはドット+バーストバレルかロングレンジバレルになると思います。連射か威力か。これはお好みで。

ライフリング強化バレルは威力は上がるけど、元からない連射を更に下げてしまうのでおすすめできないです。

RMの武器なので、ACOGをつけるのはあまりオススメしない。ドットが2倍にたいして、ACOGは4倍。ただでさえ戦いにくい近距離が更に戦いづらいくなる。

おすすめカスタム

バーストバレル、ドット。ロングレンジをつけなくても中~遠距離は十分強いので、近距離強化のバーストバレルです。

レビュー

ak200

威力に関しては36とは思えないほど良く、HS威力が高いです。これは弾が大きいためです。

AIMモードにすると、体感的に被弾ブレが大きく感じます。相手に撃たれるとHSラインを維持するのが難しい。

これはAimモード=狭い所を見る=ローセンシ=リコイルコントロールを大きくしなければいけない=被弾ブレを修正するのに大きくマウスを動かさなくてはいけない=被弾ブレが大きく感じる、ということだと僕は思う。

先にも書きましたが、機動性がないのでなんか使いにくいと感じてしまう。

壁貫通のレベルは3です。一般的なARのレベル。M4a1.mk3などと同じ。薄い壁が抜ける。