AVA AK47 Lion カスタム・レビュー

AVA武器

AK47_Lion_540
2014/5/15時点でのレビューです。ヘルメット下方修正後。画像は日本AVAより。

性能

RM/課金ガチャ/7.62x39mm

長所

攻撃力が高い、射程距離が長い、綺麗な縦反動、高速タップが有効、適当な指切りでも集弾する、ひよこから使える。

※AK47(ノーマル)と違い、レティクル通りに弾が飛ぶ。

短所

反動がやや大きい

カスタムと連射力

連射力が上がるバーストバレルがおすすめ。これを付ければ高い威力の弾をM4A1並の連射力で敵に叩き込めます。

バーストバレルありの連射力は1秒間に11発です。2秒間だと21発。なぜ22発にならないかというと、一秒ぎりぎりで11発になってるからです。

バーストバレルなし(AK47と同じ)なら、1秒間に10発で、2秒間に19発。ここでも上と同じ理屈で19発。120FPSの動画で計測。

ライフリング強化バレルは高いとは言えない連射力が更に下がるので、あまりおすすめできません。

AVAは攻撃力を上げるよりも、射程距離や連射力を上げたほうがその恩恵を体感できる場面が多いです。

AK47 lion レビュー

AK47_Lion_pre
基本的にはAK47にカスタムができて、射程距離+2、最大連射力+5、機動性+3、安定性-3の色違いモデルと考えていいです。

ただし、AK47と決定的に違うのはレティクル通りに飛ぶってこと。AK47は5発目以降にレティクルの上に集弾するという独特な癖がありましたが、これがAK47 Lionにはないです。

安定性は数値通りに下がっていて、反動がやや大きいんですが、レティクル通りに飛ぶのでむしろAK47よりも扱いやすくなっています。

レレレ撃ちやしゃがみ撃ちで十分な集弾率があり、威力が高くて連射も速いので、きちんとリコイルコントロールできる人が扱えばかなりの強武器になります。

加えてM4A1のように指切りを失敗したら扱いにくくなるというわけでもなく、2点バーストで安定して扱えます。

Robinson XCR IgnisやXCR Krakenのような壁貫通性能があるわけではないですが、中距離以降でもけっこう集弾するのでここは好みの問題だと思います。

ライフルマン武器で、今一番おすすめの武器です。見た目もまぁまぁ。

AK47 黒蛇 レビュー

ak47kurohebi
AK47 黒蛇はAK47の装弾数が5発増えた色違いモデルです。

ただこちらはあくまでAK47の色違いモデルなので、レティクルの上に集弾するという仕様は変わりません。

AK47を違和感なく扱えるのであれば、武器制限なしの大会ではかなりの強武器になります。

見た目がダサくて、音がしょぼくなければもっと使用者が増えていたかもしれない・・・