データで稼ぐCSGO LoungeとTips・知っておきたいこと

CSGO攻略

csgo_lounge_tips_580
Counter-Strike:Global Offensiveのスキンベットサイト”CSGO Lounge”における、各プロゲームチームの得意マップなどのデータの見方とTipsなどをまとめました。合わせてCSGO Loungeのやり方CSGO Loungeで勝つ方法とコツも参考にして下さい。

得意マップとランキング

HLTVで得意マップを確認

各プロゲームチームの得意マップや不得意マップを確認するなら、HLTVがおすすめです。これを知らないと、予想がかなりしにくいので、ESEAなど事前にマップが決まっている試合は必ず確認するようにしましょう。以前のHLTVなら、会員登録とログインをしなくても見れたんですが、今はしないと見れないので必須です。別に本当のことを書かなくてもいいので、適当な名前でログインしましょう。

まずはHLTV.orgにアクセスして、上の方のREGISTERをクリックして会員登録します。Username,Fullname,Email,Passwordを入れるんですが、フルネームは適当な名前でいいと思います。わざわざ自分の本名を晒してもいいことはないですからね。今の時代、どこからどう自分の情報が漏れるか分からないので、個人情報の管理とセキュリティは非常に重要です。この4つの情報を入れてNextを押せば、次の画面で情報を入力しなくてもいいので、実質完了です。画面の下の方のSubmitを押せばHLTVの様々なデータを見ることができるようになります。

次にHLTVのトップ画面に戻り、今日の試合の情報を確認します。見たい試合、見たいチームをクリックして、謎の男の写真が出る画面(No Picture)にします。そして上のタブのMapsをクリックすると円グラフが出るので、あとは見たいマップを選択するだけ。これで過去の対戦成績が見れます。
csgo_hltv_580

GosuGamersでランキングと無名チーム確認

GosuGamersはHLTVにのっていない無名チームや、プロゲームチームのランキングを確認するのにおすすめです。特にランキングは初心者にとっては分かりやすいと思うので、知らないチームが出てきたら、とりあえずこのサイトで探してみましょう。上位チームにどんなチームがあるのか、覚えるのにもいいですね。CSGOだけでなく、League of Legends(lol)やDota2のチームも載っています。

また、HLTVよりも最近の戦績が多く見れるので、情報が少ないと感じたら、チェックしてみましょう。ランキングに関して、データが少ないとどうしても不安定になってしまうので、注意が必要です。出始めのチームや、名前を変えたチームは実際の順位よりも低くなりがちです。最初のレーティング帯に多くのチームが所属するのもあるので、下位のチーム情報は鵜呑みにしないようにして下さい。

ブラウザの拡張機能を入れるとかなり便利!

Chromeの拡張機能にある、LoungeDestroyerはめちゃくちゃ便利なので、Chromeを使っている人は導入必須です。主な機能として、インベントリから自動で何回も賭け続ける機能、武器のマーケット価格を一瞬で見れる機能、試合開始の日本時間表記、インベントリとリターンの総資産表示、トップ画面でのBO1 or BO3確認などなど、これを入れるだけかなりラウンジが快適になります。

特に自動でインベントリから賭け続ける機能はすごく便利で、これがあるのとないのとでは雲泥の差。ボタンがFucking Place Betになるのも面白いですね。マーケット価格確認もけっこう便利で、ラウンジでは価値が低いけど、マーケットで売れば価値が上がるスキンなどが簡単にわかります。一瞬で今持っているスキンの総額がわかるのも便利です。一日の収支がつけやすいし、Low Betでいくらかければいいのかも分かります。とにかく便利なので、一度使ってみて下さい。

設定はSteam Market currencyをJPY、Notificationsの全ての項目をCSGO Lounge onlyに、Time ZoneをAsia/Tokyoにすればいいでしょう。お好みで上のタブのThemesをクリックして、CleanLoungeを選択すれば、画像のように全体が黒くて見やすいテーマに着せ替えできます。僕は黒い方がなんとなくラウンジやってるって感じがするので、オンにしてます。
csgo_lounge_destroyer_580

新しく手に入れた武器の希少性確認

CSGO Loungeで手に入れた武器は、マーケットでそれがどれだけ出品されているのか、過去の価格はどうなっているのか、できるだけ確認した方がいいです。特に未使用(Factory New)の武器は希少性が高く、時期によっては大きく値段が上がることがあるので、要チェックです。市場に出回る数が少なければ少ないほど、値段の上下が激しく、長い間持っていればそのうち売り時がくるでしょう。ちなみに僕の場合は300円で手に入れた武器が5000円になりました。

また、60$のスキンはマーケットで売ればそれ以上になる武器が多いので、お得です。運がいいとAK47 Fire SerpentやM4A1-S Nnightが手に入るようです。ただ、ラウンジで60$を下回る武器になってしまった場合、価格が急激に下がる可能性があるので注意が必要です。

0.3ドル以下の勝ち分は戻ってこない可能性がある

CSGO Loungeのルールの中に、0.3ドル以下の勝ち分は戻ってこない可能性があると明記されています。ギャンブルには基本的に控除率(手数料)というものがあり、勝ち分の何%かが自動的に引かれるようになってます。また、スキンの最低価格が0.04ドルとなっていて、計算がやりにくいのもあるでしょう。とにかく少額のスキンは数合わせや控除率により、返ってこない可能性があるということを知っておく必要があります。

そのため、0.04ドルのスキンを賭ける時は、できるだけ低ベット率の方に賭けた方がいいと思います。勝っても何もスキンが貰えないし、負けたらスキンを取られるというのは、完全な賭け損です。Bet率の変動も考えて、Potential Reward Valueが最低でも1ドルくらいにしておけば、賭け損はかなり減らすことができると思います。

ゲーム開始後にチェンジチームできる可能性がある

これはCSGO Loungeを運営するチームのミスなんですが、たまに試合が開始してからもチェンジチームできる時があります。特に最初のハンドガンラウンドの勝敗で、その後の試合結果が大きく変わってくるので、時間がある時は確認してみるのもいいでしょう。