SteelSeries QCK heavy レビュー

ゲーミングデバイス

qckheavy
SteelSeries QCK heavy

今回はゲーミングマウスパッドの王道であるSteelSeries QCKシリーズの大サイズ heavy のレビューです。

レビュー

特徴

・横40cm、縦45cm、厚さ6mm でとても大きい

・ほどよく滑り、よく止まる布製マウスパッド

長所

・ハイセンシ~ローセンシまで、安定したAIMが可能。

・多くのプロゲーマーに支持され、世界大会でよく見る有名なマウスパッド。

・分厚くて重いので安定感がある。机にしっかり張り付いてずれない。

・長時間、手や腕を置いても痛くならない。机と手のいいクッションになる。

・汚れた時はまるごと水洗いできる。

短所

・大きいので広いスペースが必要。

・買って一日くらいは独特な臭いがする。僕の場合は一日で気にならなくなりました。

・布製のマウスパッドなので、湿気によって滑り具合が違うことがある。

・汚れが目立つので定期的にコロコロをかけたり、洗う必要がある。

QCK+との比較

以前は同じサイズで厚さが2mm のQCK+を使っていましたが、スムーズに乗り換えできました。

heavyの方がQCK+より滑ると思います。新しいマウスパッドだからというのもあるけど。

QCK+は2mmで薄いので、若干表面がでこぼこになってしまうことがあり、それを改善したのがheavyです。

qckheavy+

左がheavyで右が+です。どれだけheavyが分厚いか分かりますね。

heavysensei

パッケージとSteelSeries Sensei Fnatic Editionの比較。

steeldrt

実際に広げてみたときの写真。

detonatoredition

QCK heavyの色違いとして、DeToNator Editionもあります。

まとめ

SteelSeries QCKシリーズには王道マウスパッドらしい安定感があります。

他のマウスパッドに変えてみても何かしっくりこなくて結局QCKに戻ってきてしまう、そんな安定感です。

性能のわりに値段も安くてコスパがいいです。マウスパッドの中で一番のおすすめ。

初心者におすすめ、安くて小さいマウスパッドが欲しいならQCK mini

ミドルセンシ向け、安くてちょっと広いマウスパッドが欲しいならQCK

ローセンシ向け、安くて薄くて広いマウスパッドが欲しいならQCK+

広くて分厚いマウスパッドと安定したAIMが欲しいならQCK heavy

僕は最初にQCK miniを買って次にQCK+、QCK heavyとローセンシになるにつれて大きくなっていきました。

自分のマウス感度に合わせて選びましょう。大は小を兼ねるということで、もちろん最初からQCK heavyを買ってもいいと思います。