【2019年/令和】厳選!おすすめゲーミング座椅子3選

おすすめゲーミングデバイス, ゲーミングデバイス

おすすめゲーミング座椅子の特徴や仕様をまとめた。数あるゲーミング座椅子はどれを選べばいいのかよくわからないという人も多いだろう。そこで今回はこれを選んでおけば間違いないというモデルを紹介するので参考にしてほしい。

腰痛改善。あぐらNo.1!

長時間パソコンの前に座るPCゲーマーは自ずと他の人よりも腰への負担が大きくなる。そこで有用なのがゲーミング座椅子だ。我ら日本人は本来、畳に生きて畳に死ぬ文化。そんなわけで椅子に座るよりもあぐら派という人も多いだろう。そんな人にぴったりなのがゲーミング座椅子なのである。2019年ではメーカーの数も増え、品質が上がって安くなっているのでちょっと前よりも格段に買いやすくなっている。

格安の殿堂

21,000円~
サンワダイレクト 150-SNCF005

サンワダイレクト ゲーミング座椅子 150-SNCF005

ゲーミング座椅子としては比較的安価なモデル。腰痛に悩んでいるなら検討の価値ありだ。合成皮革で汚れに強い分、汗をかきやすいので素足で座るのには不向き。回転軸があるタイプの座椅子なので違う方を向きたい時も座椅子ごと動かす必要がない。また他メーカーのようにロゴがないので部屋になじみやすい。サンワダイレクトは幅広くパソコン関連の製品を手掛けるメーカーで知っている人も多いだろう。

長所
〇コストパフォーマンスが高い。比較的安い。
〇長時間パソコンの前に座っても疲れにくい。腰痛対策になる。
〇ロゴがついていない分、メカメカしさがない。見た目が穏やか。
〇ひじ掛けは前後5段階、左右3段階、高さ8段階の緻密な調整ができる。
〇PUレザー(合成皮革)なので水や汚れに強くて掃除しやすい。
〇座ったままのレバー操作で角度調整ができる。
〇最大180度の多段階リクライニングができる。仮眠も取れる。
〇首のクッション、腰のクッション、アームレスト付き。
〇座面の下に回転軸がついており、方向転換が容易。
〇組み立てが比較的容易。

短所
×合成皮革なので蒸れやすい。汗が不快に感じることも。
×ひじ掛けの組み立て精度がやや悪い。左右逆につけると改善することも。

製品仕様
カラーはブラックとレッドの二色。生地はPUレザー(合成皮革)。大きさは幅67cm、奥行64cm、高さ101cm。重量は18kg。多段階リクライニング機能、回転台付き。保証は6ヶ月。

黄金の国ジパング

29,000円~
Bauhutte LOC-950RR-BK

Bauhutte ゲーミング座椅子 LOC-950RR-BK

太古の昔、黄金の国「ジパング」がそこにはあった。そしてその子孫、ジパングの民のために開発されたのがこのゲーミング座椅子である。つまりは日本人による日本人のためのあぐら椅子なのだ。女性や低身長の人でも使いやすいので万人におすすめできるモデルと言えるだろう。座面は布製で汗をかきにくく、素足で座っても大丈夫。そのかわり掃除するのが大変なのでそこは工夫しよう。こちらは回転軸ではなくてキャスタータイプ。

長所
〇幅広い身長に対応する超低座面の日本人向け。推奨身長154cm~184cm。
〇座面は通気性が高い布製で蒸れにくい。
〇腰と頭のクッションはカバーを外して丸洗いができる。清潔。
〇キャスター付きで動かしやすい。ロックもできるのでぶれない。
〇首のクッション、腰のクッション、アームレスト付き。
〇最大180度のリクライニングができる。仮眠も取れる。
〇ひじ掛けは前後7段階、左右3段階、高さ無段階(6cm)の緻密な調整ができる。取り付け位置がふたつから選べて、前寄りか後寄りか選んで取り付けることができる。FPSは前寄り、RPGは後寄り推奨。

短所
×価格がやや高い。
×布製で汚れやすい。洗いにくい。
×座面やクッションがやや硬い。
×組み立て精度が悪いものがある。運にもよる。

製品仕様
カラーはブラック、レッド、ブルーの三色。生地は布地。大きさは幅74cm、奥行54cm、高さ96cm。座部の高さは14cm。重量は17kg。耐荷重は100kg。

王族の嗜み

42,000円~
AKRacing 極坐V2

AKRacing ゲーミング座椅子 Gyokuza V2

ゲーミングチェアの大手AKRACINGが手掛けるハイエンドモデル。高品質なPUレザーを使用しており、見た目も高級感にあふれる。耐久性が非常に高く、座面・回転盤・クッションの性能は折り紙付き。こちらは回転軸方式だ。予算に余裕がある社会人におすすめ。

長所
〇高級なPUレザー(合成皮革)。汚れにくくて掃除しやすい。
〇耐久性が非常に高い。座面、回転盤、クッションの耐久性を何千回も試験してクリア。
〇長時間パソコンの前に座っても疲れにくい。腰痛対策になる。
〇最大180度の多段階リクライニングができる。仮眠も取れる。
〇首のクッション、腰のクッション、アームレスト付き。
〇座面の下に回転軸がついており、方向転換が容易。
〇ひじ掛けは前後、左右、高さ調整ができる。
〇組み立てが簡単。

短所
×価格が高い。
×他の製品よりも重い。
×届いたすぐは独特なにおいがする。

製品仕様
カラーは灰色、レッド、ブルーの三色。生地はPUレザー。座面幅は53cm、座面奥行きは54cm、座面厚さは10cm。背もたれの高さは92cm。回転台の直径は60cm。アームレストの高さは33.5~41.0cm。重量は27kg。耐荷重は150kg。

2019年ノミネート

MDRACING ゲーミング座椅子:1万円台で買える値段の安さがウリ。ただし、レビューが少なくて商品の詳細を書いているサイトが見つからないのと、販売している店舗がひとつしかないことから今回は選定を見送った。ポッと出のメーカー。

NUKKATO大賞

・格安でゲーミング座椅子を手に入れるならサンワダイレクト 150-SNCF005
・黄金の国ジパングの民ならBauhutte ゲーミング座椅子 LOC-950RR-BK
・王たる素質を持つならAKRacing ゲーミング座椅子 Gyokuza V2