Nukkato (ぬっかと) FPS BLOG

今ホットな情報をお届けします。

おすすめパソコン(PC)ケース 2017年

      2018/09/26

best-pc-case_580

2017年のおすすめPCケースをまとめました。最近は全く音のしない静音PCケースが流行りです。

1万円以下

PCケースはかなり長く使うため、自作PCをするなら、最低でもこれくらいの予算はかけたいところ。5,000円クラスと10,000円クラスでは、組みやすさやメンテナンスのしやすさがかなり違う。自作PC初心者の人は特に、5,000円クラスの見た目がいいものを選んでしまいがちなので、注意してほしい。というのも、僕の初自作が5000円クラスのZALMAN Z9 PLUSで、あとあとかなり後悔したからなのだが・・・

コスパ高い!静音重視の最新型

antec_p9_300

Antec P9

コストパフォーマンスが高い、Antecの静音型最新ケース。基本は静音志向のPCケースながら、ファンを増設したり、付属のメッシュパネルに換えれば冷却型にもなる、万能型。完成されたケースながら、1万円以下で手に入る。大人気のPCケース「Antec P100」と並ぶ定番ケースと言える。

GOOD
・コストパフォーマンスが高い。
・二重構造の遮音パネルなど、静音性が高い。
・静音重視モデルながら、ファンを増やせば冷却型へ。
・スライド式防塵フィルタなど、メンテナンス性が高い。
・最大430mmのグラフィックボードに対応。
・最大165mmの高さのCPUクーラーを搭載可能で、拡張性が高い。

BAD
・見た目がイマイチ。

製品仕様
対応マザーボードはATX、microATX、Mini-ITX。対応CPUクーラーは高さ165mmまで。対応グラフィックスボードは430mm。保証は2年間。大きさは横幅が210mm、高さが515mm、奥行きが528mm。対応電源は180mmまでのATX 12V。対応ラジエーターは前面が120~240mm、上面が240~360mm。重さは9.1kg。裏配線スペースは20mm。ドライブベイは外部5.25インチが3つ、内部3.5/2.5インチ共用ベイが8つ。拡張スロットは8。付属ファンは、前面120mmファンが2つ、背面120mmファンが1つ。どちらも700rpm〜1,100rpmモデル。搭載可能ファンは、上面が140mmファン2つまで、前面は120mmファン2つ、背面は120mmファン1つ、下面は120mmファン1つ。前面ポートはUSB 3.0が2つ、USB 2.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。

1万5千円以下

一番おすすめ!静音万能型の定番

define_r5_300

Fractal Design Define R5

圧倒的人気を誇る静音型万能PCケース。基本構造は静音重視だが、カスタマイズすることで冷却重視にもできる。見た目がスタイリッシュなのも人気のひとつ。とにかく、現在はこれを買っておけば間違いないと言えるので、非常におすすめ。

GOOD
・静音性が非常に高いモデルながら、ファンを増やせば冷却型にもなる。
・最大440mmのグラフィックボードに対応(ほぼすべてのGPUを搭載可)。
・最大180mmの高さのCPUクーラーを搭載可能で、拡張性が高い。
・ケース内のドライブケージを外すことが可能で、自分好みにできる。
・付属ファンが優秀で、低騒音ながら冷却力が高い。
・低・中・高の3速式ファンコントローラー付属(最大3基)
・スタイリッシュな外観で人気のモデル。
・付属の結束バンドやトップパネルの取り外しなど、R5の新機能。

BAD
・前モデルよりやや高くなった。
・本体重量がやや重い。

製品仕様
対応マザーボードはATX、microATX、Mini-ITX。対応CPUクーラーは高さ180mmまで。対応グラフィックスボードは440mmまで。大きさは横幅が232mm、高さが521mm、奥行きが451mm。対応電源は300mmまでのATX 12V。重さは11.2kg。裏配線スペースは35mm。ドライブベイは外部5.25インチが2つ、内部3.5/2.5インチ共用ベイが8つ、内部2.5インチが2つ。拡張スロットは横7段。付属ファンは、前面140mmファンが1つ、背面140mmファンが1つずつ、どちらもDynamic GP14の1,000rpmモデル。搭載可能ファンは、上面120/140mmが3つまでで、240/280mm 水冷ラジエータが取り付け可能。前面は140mmファン1つと120/140mmファン1つの合計2つ。背面は140mmファン2つ、底面は120/140mmファン2つ、側面は140mmファン1つを取り付け可能。前面にファンコントローラーを搭載し、簡単に速度を変更可能で、最大3個までのファンを制御可能。前面ポートはUSB 3.0が2つ、USB 2.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。保証は1年。

超小型PCケースの決定版

dirac_qbee03_300
Dirac Qbee 03

メンテナンス性、冷却性が高い超小型PCケースの完成形とも言えるPCケース。小型ケースは場所を必要としないかわりに、内部が狭いので拡張性が低く、組み込みにくいのが従来のケースだった。しかし、このケースはメンテナンス性が高く、大型CPUクーラーやビデオカードも組み込める。最近は省電力化が進んでおり、小型のビデオカードでも十分な性能を持つものが販売されているので、ゲーマーにもおすすめだ。水色、白色、黒色の3種類から選べる。

GOOD
・ケース自体が開く構造なので、メンテナンス性が高い。
・隅々までいじれるので、組みやすい。
・Mini-ITXなので、場所を取らない。
・大きなCPUクーラーやビデオカードを組み込める。
・フロントパネル裏に120mmファンを増設可能。

BAD
・静音化しにくい。

製品仕様
対応マザーボードはMini-ITX、Mini-DTX。対応CPUクーラーは高さ180mmまで。対応グラフィックスボードは210mm。対応電源はATX 12V(200mmまで)。重さは2.5kg。大きさは、横幅が280mm、高さが371mm、奥行きが303mm。ドライブベイは、内部3.5インチが2つ、内部2.5インチベイが2つ。拡張スロットは2つ。付属ファンは、背面120mmファンが1つ。水冷キットも搭載可能。前面ポートはUSB 3.0が2つ、マイク端子が1つ、ヘッドホン端子が1つ。別売りのQbee 03ファンキットを買えば、前面に120mmファンを増設可能。

まとめ

・予算が1万円以下ならAntec P9
・予算が1万5千円以下ならFractal Design Define R5
・小さいPCを組みたいならDirac Qbee 03

adsense3-https

adsense3-https

  • Twitterシェア
  • twitter_profile

いつもありがとうございます。

Comment

  1. 匿名 より:

    お久しぶりです

  2. 匿名 より:

    更新待ってました!
    そろそろヘッドセットのレビュー、おすすめ等の記事を書いてほしいです!
    USBのサウンドカードが内蔵されているヘッドセットのおすすめ、サウンドカードのおすすめ等々

Message

  関連記事

厳選!FPSおすすめ最新グラフィックボード2019 NVIDIA GPU編

NVIDIAにおける最新のおすすめグラフィックボードをまとめた。新機能やPUBG …

爆速M.2 SSDの実力はいかに? Samsung SSD 960 EVO 250GB レビュー

今回は2か月間使用した爆速SSD(NVMe対応M.2規格)、Samsung SS …

2016年のおすすめ・人気マザーボード Intel編

2016年のおすすめマザーボードをまとめました。マザーボード選びは色々な規格の知 …

2015年のCPU選び、人気とおすすめ・比較

2015年のCPU選びについて、MaximumPCなどの海外サイトを参考に自分な …

2015年のおすすめビデオカード NVIDIA編

2015年のNvidiaのグラフィックボードをまとめました。最新のビデオカードシ …

おすすめマザーボード Intel編 2015年最新版

2015年のおすすめマザーボードをまとめました。2014/12/25時点です。 …

おすすめグラフィックボード NVIDIA編 2014年最新版

NVIDIAの最新ビデオカードをまとめました。画像はNVIDIAより。 AMDの …

おすすめPC電源 2014年最新版

おすすめのパソコン電源をまとめました。画像はCorsair RM1000。 電源 …

おすすめPCケース 2014年最新版

おすすめのパソコンケースをまとめました。画像はAntec P100。 ケースはP …

おすすめ空冷CPUクーラー 2014年最新版

静かでよく冷えるおすすめの空冷CPUクーラーをまとました。2014/8/23時点 …