OVERWATCH JUNKRAT(ジャンクラット)コツ・攻略・TIPS・立ち回り

Overwatch 攻略

オーバーウォッチのDPSであるジャンクラットのコツやTIPSをまとめた。

混乱をもたらせ!

ジャンクラットは高い火力で前線を押し上げ、コンカッシブマインの吹っ飛び効果によって敵に大きな混乱をもたらす。リージャンタワー・コントロールセンターなどの狭いマップでは特に顕著で、大量キルも狙える。範囲ダメージが大きいので細かなAIMに向かないハイセンシの初心者でも扱いやすいのが長所のひとつでもあるだろう。ジャンクラットはリーパーやファラなどと同じ高火力で押し切るタイプのフランカー。低火力で慣れやAIMが必要なゲンジやソンブラと違って存在そのものがチームに貢献しやすいので、低ランク帯でもおすすめだ。

コツ・TIPS

・体力が200の敵を倒せるメイン攻撃+コンカッションマインの瞬殺コンボを狙っていく。
・積極的に裏取り、高所取り、角待ちを仕掛ける。近距離で瞬殺できるのは非常に大きい。
・メイン攻撃を当てて、コントロールしやすいコンカッションでトドメを意識する。
・コンカッションマインで環境キルを狙っていく。
・ラインハルトをコンカッションマインで飛ばして、バリアの内側にメインとコンカッションを入れればかなりダメージが出せる。
・安全な所からRIPタイヤを撃つ時はタイヤを何秒か止めることで味方が前線を上げやすくなる。RIPタイヤ中は敵が逃げ惑うため。
・RIPタイヤはじぐざぐ移動しながらジャンプすると壊されにくい。
・RIPタイヤを回す前は付近にトラップを仕掛けておけば自衛効果がある。

基本情報
・分類はDPS。体力は200。
フラグランチャー/Frag Launcher:3回バウンドするか、敵に直撃で爆発。直撃ダメージ120、範囲ダメージは12.5~80。弾数5、リロード1.5秒、連射1秒で1.5発。
スティールトラップ/Steel Trap:3秒間行動不能にする設置型トラップ。ダメージ80、敵を3秒間行動不能に、クールダウン10秒。体力は100。
コンカッションマイン/Concussion Mine:設置型地雷。自分はダメージなしで飛べる。ダメージは35~120、クールダウン8秒。
トータルメイヘム/Total Mayhem:死亡時にグレネードを5個その場に落とす。一発最大50、合計最大300ダメージ。
RIP-TIRE:タイヤを遠隔操作。ダメージは60~600、効果時間10秒。体力は100。

各キャラクター対策

・トレーサーは直撃一発とパンチで倒せる。
・マクリーのデッドアイとソルジャーのタクティカルバイザーはRIPタイヤを捕捉できないため、カウンターとして使うのはあり。
・ドゥームフィストのロケットパンチはトラップで簡単に阻止できる。
・リーパーのデスブロッサムはトラップとトータルメイヘム(死亡時のグレ)で倒せる。
・ソンブラのトランスロケーターを見つけたらトラップとコンカッションでイチコロ。
・メイのクリオフリーズには、裏にトラップを仕掛けて正面から攻撃するとノックバックでトラップにはまる。
・ルシオの拠点ウォールライドはコンカッションマインふたつで簡単にキルできる。
・マーシーの蘇生は瞬殺コンボで簡単キルできる。飛んで来たら狙っていく。

GOOD

・ULTIMATEが超強力で簡単にマルチキルできる。ULT中は敵が逃げ惑うため、みんなで攻めることができる。
・複数人に一瞬で大きなダメージが出せるので、ULTIMATEがたまりやすい。
・単発火力が高いので狭いところは前線をあげられる。至近距離だと一瞬で240ダメージ。
・高いところに飛べるので裏取りもできる。
・乱戦に強い。
・大まかなAIMでもキルを取りやすいため、低ランク帯でも人気。
・コンカッションマインでノックバックが狙える。
・トラップで動きの速い敵も止められる。

BAD

・ULTIMATE中は無防備で倒されやすい。タイヤも破壊可能。
・ファラ・マーシーなどで対策されやすい。
・弾速が遅く、遠くの敵には攻撃を上手く当てられない。
・敵のザリアが最大チャージ状態になりやすい。
・対空能力に乏しい。もう一人のDPSがヒットスキャンを出さざるを得ない。

攻略動画

PvPTwitch (RANK1 JUNKRAT)

メインチャンネルがない人はyoutubeでカスタム検索(検索+新着順)している。色々なゲームメディアがまとめているので、ふつうにTwitchで見るよりは軽いし手間がかからないのでこっちの方がよさそう。

まとめ

ジャンクラットはサービス開始時からトロール扱いを受けていた過去があり、スキル改変まではイメージがよくない人も多かっただろう。しかし、タイヤの速度が上がってコンカッシブが1つ増えた現状では、うまく扱えれば前線を大きく上げてチームに貢献できるので状況によって出していこう。