OVERWATCH おすすめのサーバーと種類、特徴、強さ、人口について

Overwatch 攻略

今回はオーバーウォッチにおけるサーバーの種類や特徴、強さについて執筆する。OWではどこのサーバーでプレイしてもランクマッチのレートは変わらないので、自分にあったサーバーを見つけることをおすすめする。セキュリティや接続の安定性に優れた有料VPNの使い方も今後アップしていく予定なのでそちらも参照してほしい。

・OVERWATCH EXITLAGを使って北米サーバーに行く方法・使い方
OVERWATCH MUDFISHで激安VPN接続!北米サーバーに行く方法と使い方・おすすめノード

サーバーの種類

まず前提として、Battle.net(OWのランチャー)の区分としてはアジア、南北アメリカ、ヨーロッパの3つしかない。だからシンガポールやオーストラリアも南北アメリカに含まれている。これが日本人にとって厄介な制約になっていて、ロサンゼルスにつなぎたくても、VPNを使わないとつながらないようになっている。オーバーウォッチを起動して、練習部屋に入り、Ctrl+SHIFT+Nを押せば、今自分がつながっているサーバーが左上の英数字で確認できる。以下がその種類だ。

アジア
・gtk1:東京 / 日本(旧pne1) / Ping20
・icn1:ソウル / 韓国 / Ping60
・tpe1:台北 / 台湾 / Ping70

南北アメリカ
・gsg1:シンガポール(旧pse1) / Ping100
・lax1:ロサンゼルス / アメリカ西海岸 / Ping130

これら以外にもオーストラリアのシドニーやアメリカのシカゴなどオーバーウォッチには多くのサーバーが存在するが、日本から繋ぐには遅延が大きすぎて実用的ではないため、省略する。上記の5つが分かれば問題ない。Pingは目安。

サーバーの強者ランキングと人口

あくまで僕の個人的感想に過ぎないが、サーバーに生息する人たちの強さと特徴を列挙した。

〇1位:韓国
業界トップにあたるOVERWATCH LEAGUE(OWL)選手の約半数が韓国人という現状にあって、一番レベルが高いサーバー。特にヒットスキャンを使う人のレベルが高く、ウィドウメイカーがかなり当ててくる。ランクマッチで有名になればプロになる道が開けているだけあって、スマーフやチートが一番多い。勝ち負けとメタに非常に厳しく、メタ以外のキャラを出すと罵詈雑言の嵐となる。チャットで流れてくる韓国語は9割がた文句や自慢なので悪質なチャットで通報していい。前述のようにスマーフが大量に存在するためマスターに上げるのが難しいものの、マスター以上に上がってしまえばわりと戦いやすいイメージ。人口は多い。

〇2位:台湾
レベル的には日本と大差ないが、Pingの関係で台湾人に有利で日本人に不利なため、2位に。よく韓国人や日本人が紛れ込むサーバーだが、僕らが飛ばされる頻度はそこまで高くない。人口少ない、スマーフ多い。

〇3位:日本
オーバーウォッチが発売から5年近く経た今では過疎ってしまったサーバー。コアタイムとなる午後9~12時の間は比較的人が多いのでマッチしやすい。人口的にプラチナ以下の日本人はそれなりに多いが、ダイヤ以上は少ないため、格差マッチが起こりやすい。遅延が一番小さいので自分の力を最大限に発揮できる。特にヒットスキャンをするとバンバン頭にあたるので実感しやすいだろう。ただよくスマーフの韓国人が紛れ込むので荒らされる。日本語で文句を言うとキレて試合を放棄する人が多いため、何か意見するなら英語で言おう(基本的にはチャットしない方がいい)。Pingの関係もあるが、レベルはわりと低く感じる。ダイヤまでなら上げるのは比較的楽。ただ、日本サーバーでプレイしたくてもよく韓国まで飛ばされるのでそれがしんどい所だろう。人口少ない、スマーフ多い。

〇4位:シンガポール
日本人、韓国人、台湾人、タイ人、インドネシア人など様々な人が入り乱れるカオスなサーバー。アジアサーバーに限界を感じた人たちが、地域を南北アメリカにして避難してくる場所だが、実際は隔離されている。アジアよりも英語が通じやすい分、意思疎通はやりやすく、ボイスチャットもいくぶんマシ。アジアサーバーよりも明らかにレベルが落ちるのでレートを盛りたいなら選択肢としてはありだが、Pingが100前後とアジアよりもラグく、OW発売当初はあまりいなかった韓国人も多くいるため、実際はそこまでの差はない。またスマーフやチートも多く、レートの格差がひどいため、最初から勝敗が決まっているような試合が多くてストレスも溜まりやすい。人口は日本や台湾よりは多い。

〇5位:ロサンゼルス
VPNをつなぐことで真の渡米が実現する楽園。スマーフやチートが少なく、レートを盛りやすい。ボイスチャットも活発で笑い声が起こることも多く、しゃべっていて気持ちがいい。負けると罵詈雑言のアジアと違い、とてもいいゲームだったと陽気に言われることすらある。人口が多く、僕はDPSの待ち時間が日本サーバーの半分になったのが一番感動した。遅延は大きいものの、十分にプレイ可能な範囲であり、実際にプレイしている日本人もそれなりにいる。ただし、ドゥームフィストだけは本当にしんどくて、弾もパンチも遅延で全然あたらないので他のキャラを使った方が良い。韓国からつなぐのは無理があるのか、韓国名は全く見ない。お金を払ってでもつなぐ価値があり、OWが楽しいという初心を思い出させてくれる。

おすすめサーバー

1位:ロサンゼルス
2位:日本
3位:シンガポール
4位:韓国
5位:台湾

1位は文句なし。日本とシンガポールは迷う人はいるかもしれないが、僕はPingの低い日本の方がプレイしやすく感じる。OW2になって日本人がまた多く戻ってきたら最高のサーバーに戻るかもしれない。台湾はそもそも選択肢に入らないため、自動的に4位と5位が決定。ちなみにオーバーウォッチで活躍するYoutuberの多くはロサンゼルスでプレイしている。