低価格でこのクオリティ! ゲーミングヘッドセット SOULBEAT LB-901 レビュー

ゲーミングデバイス

soulbeat_300

今回は低価格ながらFPSやMMOなどのゲームに適したゲーミングヘッドセット「SOULBEAT LB-901」のレビューだ。

製品の特徴とレビュー

soulbeat_580_3

ゲーミングヘッドセットとしては、かなり安い価格帯に入るこの製品。しかし、5千円以下で手に入るとは思えないほどの性能を持っていたので、正直びっくり。特に付け心地が最高レベルにいい。ゲーマーにとって長時間使用に耐えうるかどうかというのは、非常に重要な要素なので、刺さる人には刺さる製品といっていいだろう。マイク品質やインラインスイッチなど、FPSゲーマーとして残念な点もあるが、この値段でこれだけの性能をもっているならば、予算がない初心者や学生にうってつけと言えるかもしれない。

GOOD

・安いながらも十分な性能を持っており、コストパフォーマンスが高い。
・ちょうどいい締め付けで、付け心地が非常によく、長時間使用可。
・全体的な重量がかなり軽い。
・革製のイヤーパッドと、ヘッドバンドの作りがいい。
・FPSで重要な低位感も問題ない。
・簡易包装でコストを抑えるなど、無駄に予算をかけていない。
・PS4やXBOX OneなどのCS機・スマートフォンにも接続できる。
・付属の3極変換プラグで、サウンドカードにも対応。
・密閉型で音を漏らしにくい。
・ノイズキャンセリング付きマイク。

BAD

・マイクの性能が値段なり。口からやや遠く、VC使用前に調整推奨。
・インラインスイッチが大きく、重い。

製品仕様

soulbeat_580_1

ネオジムドライバは40mm。周波数は20~20.000Hz、敏感度は114+3dB at 1 khz、インピーダンスは22Ω at 1 khz、最大入力電力は15mW。マイクはノイズキャンセリング付き。マイク敏感度は-32dB+/-3dB、マイク周波数は50-10khz、マイクインピーダンスは、2.2KΩ at 1khz以下。ケーブル長は1.8m、入力プラグは3.5mmプラグ4極で、付属品として3極あり。

レビュー

音質
音質はよくも悪くもゲーミングヘッドセットらしい。全体的に高音強調型で、軽い感じの音が鳴る。あまり音楽を聴くのには向いていないなと個人的には思う。

低位感
FPSで重要な、敵の足音を聞き分ける位置感(定位感)は問題なくいい。ふつうに敵が背後から来ても気づく。

マイク
マイクはノイズキャンセリング付きで、ヘッドセット自体が密閉型なので、ゲーム音は入りにくい設計だ。ただ、マイク自体が曲がりにくく、口から若干遠い。また、締め付けがそんなに強くないので、他のゲーミングヘッドセットと比べるとややゲーム音が漏れやすい。事前にしっかり設定すれば問題ないので、相手に迷惑がかからないようにボイスチャットをする前に設定しよう。

インラインスイッチ
soulbeat_580_2
コードには、マイクミュート機能と音量調節機能を備えたスイッチが付属している。これが他のヘッドセットより明らかに大きく、重くて邪魔と感じた。大きい分、音量調節はしやすいのだが、ここを普段あまりいじらない僕にとっては不要と言わざるを得ない。ネジ穴があったので、魔改造できるかもと期待したが、ちょっと簡単には無理そうだったので、諦めた。コストダウンの結果なら仕方ないが、こだわりの部分だといわれると、何とも言えない。

まとめ

総評すると、SOULBEAT LB-901はゲーミングヘッドセットとしてかなり安く手に入れられるわりに、十分FPSやMMOに使えるコストパフォーマンスが高い製品と言える。特に予算が少ない学生や初心者の人におすすめだ。