【タルコフ】高速タップが強いおすすめの半自動小銃 ノンカスタム編【ESCAPE FROM TARKOV】

ESCAPE FROM TARKOV 攻略 WIKI / EFT

今回はカスタムをしなくても使いやすいセミオートを紹介する。ノンカスタム編としたのは、低レベルだとまともにカスタムできないことも多いからだ。レベル30までをどう切り抜けるか、というのがタルコフで難しい問題のひとつなので、予算不足に悩む初心者などに参考になれば。金策用としてもおすすめだ。高速クリックについては下記に詳しく記述しているので、目を通していない人はぜひ読んでみることをおすすめする。

最強のセミオート! 高速クリック運用おすすめ銃 フルカスタム編

スコープはつけよう
いくらノンカスタムでもそこそこ使えるとはいえ、照準器はつけた方が良い。反動がなかなかあるので、中距離以遠になってくると、銃が邪魔でどこを狙っているのか分かりにくくなる。金策のために耐久値を気にせずスカブの装備をそのまま持っていくんだ、というのであれば分からんでもないが。耐久値100%の武器を使うならば最低でもサイトはつけていこう。

ADAR 2-15

トレーダーのレベル1から買える武器の中では一番おすすめ。縦反動が90前後と低く、高速クリックしても反動制御が容易。中距離以遠でも立ち撃ちで十分集弾するので、非常に扱いやすい。サブマシンガンよりも精度が良いので、遠距離のスカブも一発ヘッドショットしやすい。

ワイプ後すぐならレベル3アーマーが売り切れということも多く、ヘルメットをつけている人は少ないため、低反動でM855をしっかりと当てていけば十分なことが多い。逆にワイプ後3カ月も経つとガチムチが多いのでVPO-136で顔狙いというのもありかもしれない。とはいえ、多くの人はバイザー付きヘルメットを嫌って付けないので、顔に当てることができればADARでも勝てなくはないと思う。

ノンカスタム性能
縦反動は90前後、運用価格は10万ルーブルほど、必要トレーダーレベルは1。

VPO-136

ADAR 2-15と双璧をなす序盤の定番武器。貫通力が32のPS弾を撃てるため、顔に当てればガチムチでも倒せるポテンシャルを持つ(アルティン等はのぞく)。入手性の高さや保険から高確率で返ってくるのも魅力。反動が110前後とそこそこあるので、中距離以遠は立ち撃ちがちょっとしんどい。積極的に座り撃ちで狙っていきたい。ワイプ後すぐは軽装ばかりなので、個人的には低反動のADAR 2-15やサブマシンガンの方がおすすめだが、ワイプから時間が経った場合はこちらでもいいかもしれない。

ノンカスタム性能
縦反動は110前後、運用価格は10万ルーブルほど、必要トレーダーレベルは1。

FN 5-7

高貫通弾を20発も撃てる優秀な拳銃で、ハンドガンキルタスクやボルトアクション銃のサブ武器におすすめ。拳銃だけの軽装マンは非常に足が速いので、昔からこれを持ったSHORELINEのリゾート特攻隊が多くいる。INTERCHANGEの電器屋巡りオタクも同様。

発射レートは30rpm、縦反動は320となっている。これが意味するのは2秒間に1発の間隔で撃てばまっすぐ飛ぶ、ということ。実際には1秒間に8回の発射が可能だが、これをやると反動で弾が縦に大きく散らばる。近距離は全力でクリックして、中距離以遠はよく狙って発射速度を落とすか、座って連打するといい。

ノンカスタム性能
縦反動は320前後、運用価格は7万ルーブルほど、必要トレーダーレベルは3。

RFB

この武器は低レベルから扱えることが大きな特徴。大口径のM80を序盤から気軽にぶん回せるのはなかなか気分がいい。カスタム代が安く、エルゴが高くて銃身が短いのもグッド。レベルが15 ~ 29くらいまでは武器の選択肢がすごく狭く、多くの人はAK74NやRPKなどを好んで使う。しかし、そんな武器ばっかり使っても飽きるので、刺激が欲しい人におすすめだ。ただし、ノンカスタムだと反動が159となかなかの暴れ馬なので、時期が来たら卒業してもいいだろう。座り撃ち推奨。

ノンカスタム性能
縦反動は159、運用価格は12万ルーブルほど、必要トレーダーレベルは2。

AS VAL

高い貫通力を持つ9x39mm弾を扱える強武器。サプレッサー付きで取り回しに優れ、カスタム代が安い。反動もマイルドでエルゴが高くて扱いやすく、見た目も格好いい。さらに弾がハイドアウトで低レベルから作れる。短所はマガジンの装弾数が少なくて価格が高いこと。

この武器はPraporのタスク「Anesthesia」の報酬になっており、ワイプ後の一カ月から二カ月は新品がよくフリマで出回っている。それ以降になるとあまり出回らなくなってしまうため、この時期を逃さずに何本か買っておいてもいいかもしれない。

フルオートもできるが、900rpmというサブマシンガン並みの発射レートのくせに高貫通弾を詰めるとなかなかの反動、一瞬でなくなる20発のマガジンと問題もある。セミオートなら安定して扱えるのでおすすめだ。VSSもほぼ同じ性能なので、耐久値が高いものが手に入るならあり。

ノンカスタム性能
縦反動は70前後、運用価格は19万ルーブルほど、必要トレーダーレベルは4。

ASh-12

強い反動ゆえに長らくネタ武器として扱われてきたASh-12が、フルオート銃の弱体化によって強武器へと昇華した。大口径の12.7x55mm PS12B弾がとにかく強い。貫通力が46で、ダメージが102。4アーマー以下は胸に当たれば確殺、5アーマーは半分の確率で一発と驚愕の性能になっている。銃身が短いので室内戦もお手の物。カスタム代があまりかからず、銃と弾薬がフリマで比較的安く調達できるのも良い。短所はマガジン代が高いこと、やや反動が強いこと。

反動が114前後と、そこそこあるので中距離以遠になると立ち撃ちはやや辛い。できるならば座って連打しよう。カスタムする場所があまりないので、ノンカスタムで扱っても大差ない武器になっている。フルオートも可能な武器だが、セミオートで撃った方が使いやすいので、今回は紹介している。

ノンカスタム性能
縦反動は114前後、運用価格は25万ルーブルほど、必要トレーダーレベルは4。

他武器の所感

・Vepr-Hunter:反動が366で、とても連射できたものではない。
・OP-SKS:反動が155。VPO-136の方が扱いやすいため、選定を見送った。
・VPO-209:反動が194。加えて.366 TKM弾のAP-Mが反動+35なので、かなりの暴れ馬。
・STM-9:9x19mm弾を低反動でフルオートできる武器が多いため、選定を見送った。
・Saiga-9:同上
・TX-15 DML:5.56x45mm弾を低反動でフルオートできる武器が多いため、選定を見送る。
・VSS:耐久値が100%の物があまり出回らないので選定を見送った。

フルカスタムした方が良い
・M1A:反動が163。前方にスコープを乗せる所があり、使いにくい。
・SVDS:反動が180。これを制御するのは至難の業。カスタムしよう。
・SR-25:反動が138。そのまま使うにはもったいない運用価格。
・SA-58:反動が162。同上

未検証
・DT MDR 7.62×51:未検証。かなりの有力候補だが、今期はレベルが足りずに断念。
・SCAR-H 7.62×51:同上。来期に執筆予定。
・HK G28:未検証。価格が高すぎるのでノンカスで使うにはもったいなさそう。
・RSASS:同上
・Mk-18 .338 LM:同上

好きな武器が使える時間は短い

これはワイプを経験した人なら分かると思うのだが、タルコフは好きな武器を使える時間は案外短いのだ。それは低レベルだとなかなか武器が解放されず、高レベルになるとタスクで使用武器が制限されるからである。ワイプ後の2ヶ月くらいまでは人も多いのだが、それを過ぎると一気に人が他のゲームに流れて行ってしまうため、またワイプを今か今かと待つ人が大量に発生する。現代銃を好きにカスタムして使えるのはこのゲームの最大の長所なので、できるだけ自分が好きな格好いい武器を使ってもらいたい。