World War 3 ハンドガン性能一覧

World War 3 WIKI

WW3のハンドガンの性能をまとめた。使用感やレビューは追記していく。

高機動と信頼力

ハンドガンはとにかく高機動が売り。最速を求めるならG17、威力を求めるならLEVEDEV、精密さを求めるならRAGUNという住み分けがされている。

G17

ハンドガンの中で一番軽く、機動性に優れる。このゲームのハンドガンは意外と威力が高く、近距離で4発当てれば敵を倒せる。反動も少なく、扱いやすいが、やや正確性に欠ける。

基本情報
9mm パラベラム弾。重さは2.1kg、リロード時間は1秒、リコイルは1.7秒、リロード速度乗数は1倍。21mまでは威力32。28m以上は威力30~。

背景
オーストラリアのグロック社が開発した一般的なハンドガン。GLOCK 17。

LEVEDEV

他のハンドガンよりもやや重い代わりに、威力が高い。

基本情報
9×18 マカロフ弾。重さは3.3kg、リロード時間は1秒、リコイルは1.7秒、リロード速度乗数は1倍。28mまでは威力37。35m以上は威力32~。

背景
ロシアの最新式ハンドガン。LEBEDEV PL-14。

RAGUN

使いやすく、精密射撃も可能なハンドガン。

基本情報
9mm パラベラム弾。重さは2.3kg、リロード時間は1秒、リコイルは1.85秒、リロード速度乗数は1倍。21mまでは威力30。28m以上は威力30~。

背景
ポーランドのハンドガン。PR-15 RAGUN。