オーバーウォッチ ヒーロープールの実装がシーズン21から決定!1週間ごとにプレイできないヒーローが生まれる。

オーバーウォッチ アップデート

2020年1月31日の開発者アップデートによると、ライバルマッチにだけヒーロープール制度が実装されることが発表された。これは1週間ごとに使えるヒーローが変わっていくシステム。これにより、メタが流動的になり、多くのキャラクターが使われるようになるというのが狙いのようだ。クイックプレイやアーケードではどのキャラクターも使える。実装時期は3月7日のシーズン21開始時から。

オーバーウォッチリーグでは、タンク1人、サポート1人、ダメージ2人の合計4人がその週では使えなくなる。ヒーローは過去2週間のプレイ率データに基づいて、資格のあるヒーローがランダムに選ばれる。このピーロープール制度はプレーオフやグランドファイナルでは採用されない。チームには1週間前にヒーロープールが通知される。

PTRモードの代わりに環境の実験カードというものが実装されるようだ。

遅すぎるが期待できる

マッププールが実装された段階で、ヒーロープールも実装すればいいのにとは個人的に思っていたので、遅すぎるくらいだが、やっと来るようなので期待大。とにかくメタが固定化してしまうと飽きて面白くなくなってしまうので、これがライバルマッチにくれば毎週楽しめるのではなかろうか。少しずつだが最近になってやっとまともになってきたので、あまり期待せずに待ちたい。あとは回避枠を10くらいもっと増やしてほしいなー。