Fenceのタスク一覧・クエスト攻略方法 Escape from Tarkov / EFT

ESCAPE FROM TARKOV 攻略 WIKI / EFT

Collector
・レベルを71に上げる。
・「Old firesteel」をインレイド品で渡す。
・「Antique axe」をインレイド品で渡す。
・「Battered antique Book」をインレイド品で渡す。
・「FireKlean gun lube」をインレイド品で渡す。
・「Golden rooster」をインレイド品で渡す。
・「Silver Badge」をインレイド品で渡す。
・「Deadlyslob’s beard oil」をインレイド品で渡す。
・「Golden 1GPhone」をインレイド品で渡す。
・「Jar of DevilDog mayo」をインレイド品で渡す。
・「Can of sprats」をインレイド品で渡す。
・「Fake mustache」をインレイド品で渡す。
・「Kotton beanie」をインレイド品で渡す。
・「Can of Dr. Lupo’s coffee beans」をインレイド品で渡す。
・「Pestily plague mask」をインレイド品で渡す。
・「Raven figurine」をインレイド品で渡す。
・「Shroud half-mask」をインレイド品で渡す。
・「Veritas guitar pick」をインレイド品で渡す。
・「42nd Signature Blend English Tea」をインレイド品で渡す。
・「Evasion armband」をインレイド品で渡す。
・「Can of RatCola」をインレイド品で渡す。
・「Loot Lord plushie」をインレイド品で渡す。
・「WZ Wallet」をインレイド品で渡す。
・「LVNDMARK’s rat poison」をインレイド品で渡す。

報酬
・Secure container Kappa

攻略

・どのアイテムも隠れ家のスカブケースのお酒で手に入ることがあるので、Kappaを狙うならたくさん回していくといい。以下に入手しやすい場所を列挙していくが、隠しスタッシュ、Dead Scav、スポーツバッグなどはほとんどのアイテムが出る可能性のある夢のあるオブジェクトということを覚えておこう。この中で初心者がつまずきやすいのがOld firesteelとFireKlean gun lubeのふたつ。

「Old firesteel」は魔法陣やReserveのRB-AMとRB-GNに稀にある。「FireKlean gun lube」は電化製品が湧くスポットに稀にあり、Shorelineの沼地の議長の家、Labのロボットアームの机など。「Golden 1GPhone」はInterchangeの電器店やOLIの棚にたまにある。「Deadlyslob’s beard oil」と「LVNDMARK’s rat poison」はInterchangeの発電所の事務所の棚に稀にある。

スカブが装備していることが多いアイテムは、プレイヤースカブをどんどん回せば簡単に手に入る。もしくはFactoryにこもってひたすらスカブ狩りをするのが有効。「Antique axe」「Fake mustache」「Kotton beanie」「Pestily plague mask」「Shroud half-mask」「Veritas guitar pick」の6つが代表的。スカブ狩りは他のコレクターアイテムもよく手に入る。

金庫から出るものは地道に集めていけばなんとかなることが多い。Customsの二階寮など積極的に漁っていくといい。「Battered antique Book」「Silver Badge」「Raven figurine」「Golden rooster」の4つが代表的。

食べ物系はかなり出やすいので、重複したらどんどん売っていい。「Jar of DevilDog mayo」「Can of sprats」「Can of Dr. Lupo’s coffee beans」「42nd Signature Blend English Tea」「Can of RatCola」の5つ。Reserveの食糧庫やWOODSのキャンプなど。

パッチ0.12.11で新しく出現した「Evasion armband」「Loot Lord plushie」「WZ Wallet」は調査中。

Collectorの出現条件

Collectorはトレーダーから受けられるほぼ全てのタスクを終わらせると出現する。しかし、例外もあって、以下のタスクは達成しなくてもいい。KILLAの100回キルやShtrumanの25回キルなどは最もたる例で、たまに勘違いして強引にやろうとする人がいる。

Prapor
・Search mission
・The bunker – Part 1
・The bunker – Part 2
・No place for renegades
・Documents
・Anesthesia
・Regulated materials
・Big customer
・No offence
・The Bosses gathering

Therapist
・Hippocratic Vow
・Disease history
・Supply plans
・An apple a day – keeps the doctor away
・Colleagues – Part 1
・Colleagues – Part 2
・Colleagues – Part 3
・Out of curiosity
・Trust regain

Skier
・Stirrup
・Chemical – Part 4
・Loyalty buyout
・Kind of sabotage
・Rigged game

Peacekeeper
・Mentor
・Samples
・TerraGroup employee
・Peacekeeping mission

Mechanic
・Import
・The chemistry closet

Ragman
・Fuel matter
・Inventory check
・The stylish one
・Living high is not a crime – Part 1
・Charisma brings success
・Textile – Part 1
・Textile – Part 2

Jaeger
・Huntsman path – Controller
・Huntsman path – Evil watchman
・Huntsman path – Justice
・Huntsman path – Sadist
・Hunting trip
・Hunter

ストリーマー専用アイテムと化したKappa

このCollectorの達成条件にレベル71制限が追加されたのは、パッチ0.12.11 (2021/07)。これより前はそんな制限がなかったので、ふつうに仕事をする社会人でも半年の期間があれば十分にKappaコンテナを取ることが可能だった。しかし、この制約が加わったことにより、朝から晩までタルコフを行う「職業タルコフ」もしくは「ストリーマー」の人たちしか実質手に入れることができなくなってしまった。

もしかするとワイプ前イベントでこれが排除される、もしくは今後のアップデートで削除されるという可能性もあるが、期待はしない方がいいかもしれない。というのも、このゲームの広告塔、営業役となるストリーマーは非常に重要で、その人たちの視聴者によって支えられていると言っても過言ではないからだ。ワイプから大体3カ月くらい経つと一般人ですらやることがなくなって過疎ってしまうタルコフにおいて、職業タルコフの人たちのモチベーションを最大まで高める「レベル71」という大きな壁を用意することで、運営はやりこみ要素を作ったのだ。その代償に一般人は大きなツケを払うことになった。